政府×『東リベ』まさかのコラボで話題 動画公開で新成人にマイキー「大人になんのひよってるやついる?」

内閣府と人気アニメ『東京リベンジャーズ』(公式略称:東リベ)がコラボした動画(テレビCM・WEB動画)が7日、公開された。4月1日に成年年齢を20歳から18歳に引き下げる内容を含んだ「民法の一部を改正する法律」が施行されることから、成年年齢引下げによる変更点の周知や消費者トラブルなどへの注意喚起を呼びかけており、「国とヤンキーがまさかのコラボ(笑)」「マイキーの『ひよってるやついる?』がいい感じ!」「政府とコラボしてる東リベなに」「ツッコミところが多すぎる笑」などと話題になっている。 成年年齢の引下げは、若者の自己決定権を尊重し、積極的な社会参加の促進を期待するものであり、同法の施行により18歳になれば親の同意を得ずに一人で契約を締結することができるようになり、親権にも服さなくなる。

この法施行に伴い内閣府は、新成人に向け“未来は、新しい可能性に満ちている”というエールを届けるとともに、成年年齢引下げによる変更点の周知や消費者トラブルなどへの注意喚起を行うため、「18解禁 新成人たちよ、未来をつくれ。」をメッセージとした、アニメ『東京リベンジャーズ』とのキャンペーンを開始。同作のキャラクターが登場するテレビCM・WEB動画などが公開された。 タイアップの背景は、同作が主人公・タケミチがかつての恋人を救うため、過去と現在を行き来するタイムリープを繰り返すストーリーであり、そのタイムリープは彼女を救うという目的のみならず、「自分の大切な人々を救う」という、より大きな目的へと発展していく物語であることから、作品を通じて新成人を迎える若年層に向け“未来は、新しい可能性に満ちている”ことを呼びかける目的がある。同時に、大人になるという自覚を持ちつつ、積極的に社会へ参加してほしいという期待とエールを込めている。 タイアップでは、アニメ映像に、それぞれのキャラクターの声優陣が新たなセリフを収録したオリジナル動画に。成年年齢引下げの意義や注意点を印象的に訴えかける内容となっている。

テレビCM1本、WEB動画は5本公開され、テレビCMでは人気キャラクターのマイキーが名セリフ「ひよってるやついる?」を「大人になんの ひよってるやついる? いねえよなあ!?」と呼びかけながら、「大丈夫だよ お前たちなら」と新成人にエール。

名セリフを使ったエールや注意喚起にネット上では「政府とヤンキーアニメがコラボするとは…」「マイキーからのエールはまじでうれしい!」「正直、大人になるのひよってますw」「マイキーに大丈夫だよって言われるの心強すぎるな」「などの声があがっている。

#コラボ #政府 #新成人 #年齢 #内閣府


政府×『東リベ』まさかのコラボで話題 動画公開で新成人にマイキー「大人になんのひよってるやついる?」