テレビアニメ「『鬼滅の刃』 遊郭編」第5話“音柱”宇髄天元は理想の夫?嫁への頭ポンポンにファン「私とも結婚して」

テレビアニメ「『鬼滅の刃』 遊郭編」第5話では、鬼殺隊の音柱・宇髄天元(CV:小西克幸)の3人の嫁が登場した。嫁に“頭ポンポン”をするシーンなど、宇髄にメロメロになった視聴者が続出したようだ。

アニメ「鬼滅の刃」は、2016年11月から2020年5月まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された吾峠呼世晴氏による大ヒット漫画が原作。2019年放送のテレビアニメをきっかけに社会現象的なブームを巻き起こし、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億5000万部を突破した。

前回の第4話「今夜」は、宇髄天元に仕える忍獣の“ムキムキねずみ”が登場した。ムキムキねずみは、その名の通り、筋骨隆々としたネズミだ。原作でも登場シーンは少ないものの、インパクト大なビジュアルと設定でひそかに人気を誇っている。ムキムキねずみ役を演じたのは、なんと声優・木村昴で、Twitter上で「アニメ鬼滅はマジで声優の無駄遣いだな(誉め言葉)」「まず声つくこと自体ワロ」と大反響に。「ムキムキねずみ」がまさかのTwitterトレンド1位を獲得する盛り上がりとなった。

最新話にあたる第5話「ド派手に行くぜ‼」は、宇髄の嫁である雛鶴(CV:種崎敦美)、まきを(CV:石上静香)、須磨(CV: #東山奈央 )が登場した。それぞれ異なる個性の持ち主ではあるが、スタイル抜群の美女というところは共通だ。視聴者からは「嫁みんなかわいい」「こりゃ善逸じゃなくても羨ましいわ」「宇髄になりたい」といった声が寄せられた。

逆に「宇髄の嫁が羨ましい」と感じた視聴者も少なくないようだ。髪を下した姿、「お前らのが大事。だから死ぬなよ」という“命の順序”への本音、嫁への頭ポンポンと、宇髄のかっこよさが詰まった一連のシーンは大好評だ。「頭ポンポンなんて…キュン死」「私とも結婚して」「理想の旦那」「ドキドキして…本当に胸が苦しい」といった黄色い声が寄せられている。

第5話「ド派手に行くぜ‼」
【あらすじ】
善逸が行方知れずとなり、遊郭から出るよう宇髄から言われる炭治郎と伊之助だったが、二人は善逸たちを助け出すことを決意する。そしてその晩、炭治郎が鬼の匂いを察知し、匂いを辿ると、鯉夏花魁が堕姫の帯に飲み込まれようとしていた。宇髄たちがいないなか、炭治郎は一人、上弦の陸へと立ち向かう。

※種崎敦美の「崎」は、正式にはたつさきの字

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

#アニメ #テレビ #鬼滅の刃 #遊郭編 #宇髄天元


テレビアニメ「『鬼滅の刃』 遊郭編」第5話“音柱”宇髄天元は理想の夫?嫁への頭ポンポンにファン「私とも結婚して」