花江夏樹、炭治郎の“無意識領域”思わせる『AERA』表紙 蜷川実花が撮り下ろし

声優の #花江夏樹 が29日発売の『AERA』表紙に登場。写真家の #蜷川実花 氏が撮り下ろしている。

蜷川氏が花江のために用意したのは、花江が演じる『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎の「無意識領域」を思わせるセット。南米・ボリビアのウユニ塩湖にそっくりだと言われたこの「無意識領域」を前に、リラックスした表情でカメラの前に立った。

3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、先輩たちのアドバイスを大切にしながら築き上げてきた、 自身の仕事哲学を語る。オーディションでは、自分が一番出しやすい、地声に近いトーンで演じるようにしていること、日常生活のさまざまなシーンで出てくる「声」を覚えておいて演技に役立てていること、演じるキャラクターが頑張っているのだから「自分も頑張らなくては」という気持ちを常に持っていること——。自身に子どもが産まれたことで、感じたことや持てた視点についても、率直に話している。

今号の巻頭特集は、『鬼滅の刃』が巻き起こした社会現象を多角的に読みといた「鬼滅の刃が『心』を育てる」。この作品を心の支えにする人々のエピソードや、伝説の漫画編集者と呼ばれる鳥嶋和彦氏のインタビュー、登場人物たちのセリフの分析から、人々の心をつかむ理由が見えてくる。

#花江夏樹 #AERA #蜷川実花 #声優 #発売


花江夏樹、炭治郎の“無意識領域”思わせる『AERA』表紙 蜷川実花が撮り下ろし