『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する歴代猫娘たちを全部まるっと解説——性格・能力・鬼太郎との関係etc…「公式による萌えキャラ化」まで言及

好評放送中のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する、鬼太郎の仲間である猫の妖怪のねこ娘。

普段は人間の女の子と変わらないが、魚や鼠、ねずみ男を見ると口が裂けて牙を剥き、目が吊り上がり化け猫のようになるキャラクターです。アニメ、パチンコ、映画に登場したねこ娘がそれぞれ見た目や性格などが違うのはご存知でしょうか。

今回紹介する471さんが投稿した『[ニャニャニャの猫娘]を解説してみました。』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、アイルー艦娘多摩とアイルー艦娘雪風のふたりのキャラクターがアニメの墓場、1期〜6期、パチンコ2作品、映画妖怪ウォッチ(2017)に登場したねこ娘について紹介・解説を行います。

『墓場鬼太郎』に登場するねこ娘は、「寝子」という純粋な人間だった!?

多摩:
アニメの『墓場鬼太郎』では3話で初登場し、「君にメロロン」という曲を鼻歌で歌いながら登場したにゃ。「寝子(ねこ)」。鬼太郎の通う小学校のクラスメイトで、鬼太郎の初恋の相手なんだにゃ。性格は本来の猫娘とは相反で、清楚で控えめなんだにゃ。

雪風:
身長は結構高く、ゲゲゲに登場する猫娘は半妖怪だけど、寝子は純粋な人間なんだよね。

多摩:
彼女は魚や鼠(ねずみ男も含む)の臭いに反応、或いは視界に映ると猫化してしまい、顔も猫の形相になるんだにゃ。

雪風:
彼女が猫化してしまう理由は、一種の憑き物が原因らしいね。(別の作品では「猫の病」ともいわれている。)

多摩:
鬼太郎がドブネズミを学校の弁当として持ってきた事が原因で彼女は猫化してしまい、更にクラスメイトに見られてしまった事で、学校に行けなくなってしまうんだにゃ。

雪風:
ついでに川原で寝てたねずみ男を襲って食べようとしてたね。

多摩:
その後、鬼太郎の勧めで「キャット寝子」として歌手デビューするんだけど……、っと寝子の解説はこの辺で終わりにするにゃ。

『墓場鬼太郎』ではねこ娘ではなく、「寝子」という人間だけど、猫化してしまうというキャラクターでした。視聴者からは「可哀想な子だよななんか」「寝子ちゃんは切なかった」といったコメントが寄せられました。

ねこ娘のスペック

多摩:
それではここからは『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する猫娘の概要について解説するにゃ。

多摩:
普段の外見は人間と変わりないけど、鼠や魚を見たり怒ったりすると、眼が金色に染まり、裂けた口に鋭い牙を剥き出した猫の形相になるんだにゃ。

雪風:
鬼太郎のガールフレンドで、好物は魚・鰹節・鼠なんだよね。そういえば「ニャニャニャの猫娘」って通称があるらしいね。

多摩:
「ニャニャニャの猫娘」という通称は5期からできたものだにゃ。公式では「ねずみ男と同じ半妖怪」と設定されてるけど、作中ではその事に触れてる描写は滅多に無いんだにゃ。

多摩:
次は猫娘のスペック(原作)についてだけど、身長は136㎝・体重は29㎏・昭和28年生まれなんだけど、誕生日はわからないんだにゃ。

雪風:
昭和28年生まれって事は、猫娘はゴジラ・鬼太郎より1歳年上なんだね。

多摩:
猫娘の持つ能力は、鬼太郎ファミリーの中では種類は乏しく、強力な妖怪の部類に区分される事も無いけど、猫由来及び妖怪としての基礎的な運動能力等は優れているんだにゃ。

容姿・服装は白いブラウスに赤・ピンクの吊りスカート姿が基本で、後頭部には大きなリボンを結んでるにゃ。それと猫娘はねずみ男が悪事を働いたときは彼を懲らしめる事が多く、鋭い爪でねずみ男がボロボロになるまで引っ掻き回す事もあるにゃ。

ねこ娘の能力は、鬼太郎ファミリーの中では乏しいが、運動能力は優れていることに、「スピードタイプって感じっすかねw」「物理攻撃特化なのか」「ある意味、特殊能力より、肉弾戦に特化した女キャラのはしりとも言えるねえ」といったコメントが寄せられました。

1期はゲストキャラ、2期からレギュラー

多摩:
それじゃあ、ここからは歴代5大猫娘を紹介・解説するにゃ。まずは1期と2期の猫娘だけど、この2人は同一人物だから纏めて解説するにゃ。

1期猫娘は20話にのみゲストキャラとして登場したにゃ。地獄送り任務の代行をやってて、人間に対してはかなり冷淡なんだにゃ。

雪風:
1期猫娘は鬼太郎とは親しい友人の1人として描写されてるけど、トレードマークのリボンが無いんだよね。

多摩:
2期から猫娘はレギュラーになり、服装は黄色の水玉模様のあるノースリーブの赤のワンピースで、2期からトレードマークの大きなリボンを付けたんだにゃ。

雪風:
2期猫娘の性格は気が強く男勝りだけど、口調は丁寧で、鬼太郎を「さん」付けで呼んでたね。

多摩:
鬼太郎に「猫ちゃん」と呼ばれてうっとりしたり、鬼太郎と手を繋いだ事もあるんだけど、恋愛関係には発展しなかったそうだにゃ。

1期と2期は同一人物のねこ娘でした。視聴者からは「この辺のデザインが今の猫娘像の元かな」「「猫」で「娘」なのに萌え要素ゼロに出来る水木先生のワザマエよ」といったコメントが寄せられました。

3期のねこ娘は鬼太郎にプロポーズ(?)されていた!?

多摩:
次は3期猫娘。顔つきは割合ボーイッシュなデザインになり、より成人女性に近い頭身・体型となり、鬼太郎との関係は対等になり、お互い名前は敬称なしで呼び合っているんだにゃ。

雪風:
でも人間のヒロイン「天童夢子」が出てきてからは、三枚目的な役割を担う部分が多くなったんだよね。

多摩:
性格はお転婆で、鬼太郎の事となると周りが見えなくなる事もあるんだにゃ。鬼太郎に対しては好意を持ち、分かりやすく積極的にアプローチをしてるんだにゃ。

72話では妖怪に髪の毛を全て奪われ「お嫁に行けない」と嘆いていたら鬼太郎に「(嫁に)行く所がなければ僕が貰ってやるよ」とプロポーズ(?)もされてたにゃ。

3期のねこ娘は、三枚目的な役割を担う部分が多くなりました。そして、3期からは設定に身長・体重・スリーサイズまであることに、「スリーサイズ設定あるんかww」といったコメントが。また、3期が一番馴染みがあるようで、「一番印象深いモデルだわ」「懐かしい!3期から見たなぁ」「おれも3期だな」といったコメントが多く寄せられました。

4期のねこ娘は原作に近く、大人びた性格

多摩:
次は4期猫娘。雰囲気は原作に近く、髪型が紫色の刈上げおかっぱで大人びた性格なんだにゃ。

雪風:
食事はコンビニの猫缶を常食してるらしいね。

多摩:
鬼太郎に対しては好意を寄せてはいるけど、相思相愛の恋人同士というわけではなく、殊更愛を強く表現する事はないんだにゃ。

雪風:
でも78話・84話・106話・114話辺りでは、猫娘が鬼太郎を愛する想いが表現されてる場面があるんだよね。

多摩:
人間の女性の様には成長しない事を気にしているらしく……(※成長はするものの極めて遅い)、その事から89話でインドの妖怪「ラクシャサ」の術により、一時的に妖艶な色香を持つ大人の姿に成長して鬼太郎を誘惑した事もあるんだにゃ。

雪風:
ラクシャサの術とはいえ、大人の姿になったあの猫娘は凄い印象に残ったよね。

4期のねこ娘のデザインに、「4期一番好き」「4期が一番可愛い」といったコメントが多く寄せられました。

5期のねこ娘は鬼太郎への恋愛感情が歴代最大!

多摩:
最後は5期猫娘。髪型がショートヘアになり、頭身も伸びる等、より現代的なデザインとなり、耳は尖ってて八重歯があり、鬼太郎への恋愛感情は歴代最大なんだにゃ。

衣装も多彩になり、掛け値なしの美少女な容姿で、妖怪の中でも人間界に馴染んで生活しており、様々なアルバイトをしてる為、鬼太郎よりも世情に詳しいんだにゃ。

性格は勝ち気だけど我が儘な所が無く、素直で純情なんだにゃ。お節介な面・世話好きな面があり、他者(人間)には基本的に親切なんだにゃ。加えて面倒見が良い反面口煩い等、母性型と思われる一面もあるんだにゃ。

雪風:
猫故にほんのちょっとした事で気分が変わりやすく、気に入らない相手は化け猫顔で脅す事もあるそうだね。

多摩:
悪人に対しては「食い殺す!」と敵意を露わにする事もあるんだにゃ。更に極端なヤキモチ焼きで、美人の依頼者が鬼太郎に近付くのを嫌うんだにゃ。(※「雪女・葵」やアマミ一族の「ミウ」とは恋のライバル)

鬼太郎に対しては好意を寄せているけど、鬼太郎は好意には全く気付かず、鈍感に描かれているんだにゃ。更に猫娘のヤキモチに対しても鬼太郎は、「何で怒っているんだ?」としか思っていないんだにゃ。

雪風:
ついでに2話では目玉親父が鬼太郎に「お嫁には猫娘なんかどうじゃ?」って言ったのに対し、鬼太郎は「悪い冗談はやめて下さい」って即答してたね。

多摩:
それじゃあ歴代5大猫娘の解説はこの辺で終わりにするけど、どうだったにゃ?

雪風:
猫娘が鬼太郎にとって大切な存在であることがわかって面白かったよ。

5期のねこ娘のデザインがより現代的になりました。視聴者からは「時代に合わせてちょっとづつ成長してる感すき」「より人間社会に溶け込んだ」「水木センセ「時代が変われば人も変わる。人が変われば妖怪も変わるもんです」とのコト」といったコメントが寄せられました。

パチンコ版や映画のねこ娘の違いは?

多摩:
次はパチンコ版の『ゲゲゲの鬼太郎』「地獄からの使者」と「ブラック鬼太郎の野望」にそれぞれ登場した猫娘について紹介・解説するにゃ。

多摩:
「地獄からの使者」と「ブラック鬼太郎の野望」はアニメ部分が制作されており、どちらも5期のデザインと演出を基にしているそうだにゃ。

まずは「地獄からの使者」に登場した猫娘だけど、髪型はポニーテールで、デザインは5期に一番近く、戦闘力はアニメの猫娘の中では歴代最強らしいにゃ。

雪風:
確かに何かワイルドっぽさ(?)があって、胸もやや大きくてスカートも短いね。見た目は可愛さと強さを兼ね備えた猫娘って感じだね。

多摩:
お次は「ブラック鬼太郎の野望」に登場した猫娘だけど、明朗快活でドジな一面を見せるけど、運動神経は妖怪随一で、危険を察知する能力が高く……鼠を見かけると猫の本性を現し、我を忘れて追いかけてしまうらしいにゃ。

雪風:
この猫娘は可愛いってレベルを超えてるよね。

多摩:
ついでに「ブラック鬼太郎の野望」には、妖怪「鏡爺」によって生み出された猫娘の複製の「黒猫娘」というキャラクターもいたにゃ。

生みの親である鏡爺から受け継いだ鬼太郎への恨みを持ちつつ、それ以上にブラック鬼太郎に対する従属と恋慕の念を持っており……俊敏な動きと鋭い爪が武器で、身体能力で敵わない相手は、隠し持った銃で仕留めるそうだにゃ。

雪風:
黒猫娘も可愛いけど、野性的なイメージがあってカッコイイね。

多摩:
次は映画『妖怪ウォッチシャドウサイド 鬼王の復活』に登場した猫娘について軽く紹介・解説するにゃ。

これがその猫娘で、1期猫娘に近いデザインなんだにゃ。髪は非常に短くおかっぱで、背丈は鬼太郎よりやや低く、目付きは少しマイルドなんだにゃ。

雪風:
見た目は凄くシンプルな猫娘って感じだね。

多摩:
一応この映画に登場する鬼太郎ファミリーは、『妖怪ウォッチ』の世界観に合わせてデザインされてるらしいにゃ。

雪風:
この猫娘は「プリチー族」辺りに属しているのかな?

パチンコ版「ブラック鬼太郎の野望」のねこ娘のデザインに、「かわいい」「なんだ!この美少女は!」といったコメントが寄せられました。

6期は、綺麗な外見からは想像できない程の高い戦闘力を秘めているねこ娘

多摩:
ここからは新作アニメ『ゲゲゲの鬼太郎(6期)』に登場する猫娘について少しだけ解説・考察するにゃ。

雪風:
鬼太郎の6期アニメが制作されると聞いた時は本当に驚いたよ。でも5期の続きではないようだね。

多摩:
6期のあらすじは、21世紀も20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明できない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。

そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女「犬山まな」の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた……といったあらすじなんだにゃ。そして、このアニメに登場する猫娘の姿が凄いんだにゃ。

これがその猫娘なんだけど、身長がかなり高く、リボンは赤く髪は紫で耳は尖っており、服装は白のブラウスに赤の吊りスカートで、ハイヒールを履いてるんだにゃ。

綺麗な外見からは想像できない程の高い戦闘力を秘めている様で、お金に汚いねずみ男が悪さをすると、目の色を変えて豹変し襲い掛かるそうだにゃ。そして普段は誰に対してもツンとクールに振舞っているそうだにゃ。

雪風:
これは私の予想だけど、この猫娘は鬼太郎に好意を抱いてはいるが素直になれず、鬼太郎に対しつい冷たい態度を取ってしまう。そんな猫娘じゃないかと私は思うよ。

動画投稿当時まだ放送されてなかった6期。雪風の予想に、「当たってる」「当たりすぎ」といったコメントが。また、6期のデザインに、視聴者からは「公式による萌えキャラ化」「美人さん」「本編見たけど結構不気味に描かれてて良かった」といったコメントが寄せられました。

歴代のねこ娘の解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画を視聴してみてください。

[ニャニャニャの猫娘]を解説してみました。

▼動画はこちらから視聴できます▼

『[ニャニャニャの猫娘]を解説してみました。』

—あわせて読みたい—

・『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する歴代“目玉のおやじ”の違い 作品ごとに微妙に異なった性格と見た目を詳細に解説

・「ねこ娘」厳選イラスト集“可愛い&セクシー”を完全網羅した6期ビジュアルに心奪われる

・美女化が止まらない“ねこ娘” 1968年から続く『ゲゲゲの鬼太郎』の歴史を古参オタクが新人声優に講義「鬼太郎も同人誌で美化されたり…」

#娘 #ゲゲゲの鬼太郎 #解説 #性格 #萌えキャラ


『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する歴代猫娘たちを全部まるっと解説——性格・能力・鬼太郎との関係etc…「公式による萌えキャラ化」まで言及