『バットマン』オリジナル連載作品がついに日本公開、LINEマンガが DCコミックスと初コラボ

「LINEマンガ」は、米国の「DCコミックス」を代表する『バットマン』シリーズを題材としたオリジナル連載作品の配信を、年内に開始することを発表。「DCコミックス」との初のコラボレーションとなる。

作品の原題は『Batman: Wayne Family Adventures(邦題未定)』。ブルース・ウェイン(バットマン)を中心としたお馴染みのバットマン・ファミリーに新メンバーを迎えるところから始まる、新しいバットマンの物語だ。

同作は、「LINEマンガ(日本)」、「NAVER WEBTOON(韓国)」、「WEBTOON(北南米/欧州)」など、世界各地域で展開する電子コミックプラットフォームの連合体である“WEBTOON worldwide service”が推進する新プロジェクト「SUPER CASTING」の第1弾となる。同プロジェクトは、世界中に多くのファンを抱えた人気IP(知的財産)を擁するエンタテインメント企業とコラボレーションし、そのIPの世界観やキャラクターを活用したオリジナルのwebtoon(ウェブトゥーン、スマートデバイスなどでの閲覧に適した縦スクロール式のデジタルコミックのこと)をともに一から制作。各言語に翻訳され、「LINEマンガ」など各プラットフォームで展開していく。

今後は、人気アイドルグループ「 #BTS 」の所属事務所「HYBE(韓国)」とのコラボレーションも決定しており、「BTS」をはじめとする「HYBE」傘下レーベルの様々なアーティストとのコラボレーションやオリジナルストーリーの展開も予定。

#バットマン #連載 #LINE #マンガ #コラボ


『バットマン』オリジナル連載作品がついに日本公開、LINEマンガが DCコミックスと初コラボ