早くも“『鬼滅の刃』症候群”話題 アニメ2期が日曜夜放送で「見終わったら仕事モード」「月曜日がつらい」

フジテレビは6日、オンラインで10月期の改編会見を行い、人気アニメ『鬼滅の刃』の第2期となる『「鬼滅の刃」遊郭編』を秋/冬スタートで、毎週日曜の午後11時15分から放送すると発表した。これを受けネット上では「日曜に放送か…次の日、仕事に集中できないな〜」「これは、サザエさん症候群ならぬ鬼滅の刃症候群になるな」「楽しみだけど見終わった後は憂鬱になるな。仕事行きたくない」などの声があがっている。

第2期の物語は、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の続きとなり、無限列車での任務を追えた炭治郎たちの次なる任務を描く『遊郭編』。鬼殺隊最高位の剣士<柱>の一人、音柱の宇髄天元とともに炭治郎たちが、鬼の棲む遊郭に向かうストーリーが展開される。

放送時間の設定について、フジテレビ編成部長の中村百合子氏は「タイムテーブル全体の総合的判断」とした上で、遊郭編の放送内容について「内容に関しては通常の考査は同様にいたしますが、内容は変えない形で放送する予定です」と話した。

現在、フジテレビでは毎週日曜午後6時30分より『サザエさん』を放送しているが、「ああ、お休み終わる…」「終わったら翌日の月曜日(平日)から再び通勤、通学をしなくてはならないのか…」と現実に直面し憂鬱になる視聴者がいると言われている。そして、これが“サザエさん症候群”と呼ばれている。

そのため、今回の『鬼滅の刃』2期が日曜午後11時15分からという、日曜日が終わる間際に放送されることもあって、早くも「鬼滅の刃を見終わったら、もう仕事モードだよw」「楽しみだけど、月曜日がつらい…」「土曜日だったらよかったな〜、次の日も休みだからw」「サザエさん症候群が鬼滅の刃症候群になるのか(笑) そして次の日仕事の方々にはリアタイがちょっと厳しい時間」などと反応している。

#鬼滅の刃 #アニメ #フジテレビ #オンライン #会見


早くも“『鬼滅の刃』症候群”話題 アニメ2期が日曜夜放送で「見終わったら仕事モード」「月曜日がつらい」