『ベルセルク』待望の新刊41巻、12・24発売決定 特装版にキャンバスアート&ドラマCD

今年5月に急性大動脈解離のため54歳で亡くなった漫画家・三浦建太郎さんの代表作『ベルセルク』のコミックス新刊41巻が、12月24日に発売されることが6日、白泉社より発表された。通常版の価格が638円、キャンバスアート&ドラマCD付き特装版が3960円。

特装版には開幕間近である『大ベルセルク展』のキービジュアルである三浦さんの描き下ろしイラストがキャンバスアートとして同梱。さらにファン人気が高く、まだアニメ化されていない『キャスカの目覚め』を軸とした物語が、ドラマCDとしてアニメでおなじみのキャスト陣によって完全再現される。新規キャラに旧アニメのキャスト出演など、掛け合いもポイントとなる。脚本は深見真氏、キャストは岩永洋昭、水原薫、 #日笠陽子#興津和幸 、下野紘、行成とあ、斎藤千和、櫻井孝宏、神奈延年、 #宮村優子 、小山力也などが出演する。

そのほか、増刊『ヤングアニマルZERO』で連載されていたオリジナル作品『ドゥルアンキ』も同日発売される。

三浦さんの代表作『ベルセルク』は、『月刊アニマルハウス』にて1989年に連載がスタートし、その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し、コミックス累計4000万部を超える人気ダークファンタジー。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描いており、1997〜98年にテレビアニメ化、2012年〜13年に3部作で劇場アニメ化、2016〜17年に再度テレビアニメ化された。なお、9月10日発売の連載誌『ヤングアニマル』18号に最新話が掲載される予定。

#ベルセルク #発売 #ドラマ #大動脈解離 #漫画家


『ベルセルク』待望の新刊41巻、12・24発売決定 特装版にキャンバスアート&ドラマCD