『サザエさん』来年1月に再び舞台化 新作公演はキャスト続投で藤原紀香、葛山信吾、高橋惠子、松平健

フジテレビ系の国民的アニメ『サザエさん』が、2022年1月29日〜2月13日に東京・明治座で再び舞台化されることが決定した。第1弾キャストが発表され、2019年公演同様、お調子者のサザエ役を #藤原紀香 。出世して多忙になったマスオ役を #葛山信吾 、子どもたちの心配をしているフネ役を #高橋惠子 、定年退職した波平役を #松平健 と再び豪華キャストが集結し、完全新作・舞台版オリジナルストーリーが展開される。

『サザエさん』は長谷川町子の4コマ漫画『サザエさん』を原作に、1969年からアニメ放送がスタート。2019年にはアニメ放送50周年を迎え、東京・明治座と福岡・博多座での舞台化が実現し、10年後の磯野家を舞台に、少しずつ変化のあった一家の日常を描き話題になった。

今回、再び舞台化となる物語は10年後…からさらに数年後で、10数年の時を経て、少しずつ変化のあった磯野家、それでも変わらぬ温かな日常を、脚本・演出の田村孝裕が鋭い観察力によって細やかに鮮やかに描いていく。10数年後のサザエさん一家を取り巻く環境は? 成長したカツオ、ワカメ、タラオの現在は? サザエさんと街の人々が織りなす、愉快で心温まるストーリーが見どころになる。

2022年1月29日〜2月13日に東京・明治座で公演され、チケットはS席1万2500円、A席は6000円。地方公演も行われる。

#舞台 #キャスト #サザエさん #新作 #藤原紀香


『サザエさん』来年1月に再び舞台化 新作公演はキャスト続投で藤原紀香、葛山信吾、高橋惠子、松平健