『閃光のハサウェイ』メカニカルデザイン森木靖泰氏、Ξガンダムの映像に驚き「動かすことを前提としたデザインじゃない」

アニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のトークイベントが11日、都内で行われ、キャラクターデザイン原案の美樹本晴彦氏、メカニカルデザイン原案の森木靖泰氏、KADOKAWA顧問の井上伸一郎氏が参加した。

1989年から1990年に出版された小説版の同作でキャラクターデザインを担当した美樹本氏は「アニメは素晴らしいものが上がってきた。そこのキャラクター原案という形でクレジットを出していただけるのは光栄です」としみじみ。同じく小説版でメカニカルデザインを担当した森木氏は「30年前に、この仕事をやっておいてよかったと思い返しております。すごいクオリティの劇場版でした」と振り返った。

もともと小説の挿絵として書かれたΞガンダムとペーネロペーの2機。森木氏は「デザインした時は、アニメになること想定してなかった。動かすことを前提としたデザインじゃない。よくここまで動かしたな、と。申し訳ないとしか言いようがない」と苦笑い。「クオリティについては申し分ない。ありがとうございましたとしか言いようがない」と平身低頭だった。

オファーされた当時は「やっとガンダムできるんだ」と思ったそう。ただ、「オーダー表みたいなものは『ミノフスキー・クラフトで空を飛ぶ』、『ファンネル・ミサイルを出す』以上、終了みたいな(笑)。さて、どうしようか、と…」と回想。井上氏は「大変、申し訳ございません」と苦笑いを浮かべていた。森木氏は「30年後に劇場版になると思っていませんから動かすことは考えなかった。最強ガンダムみたいなノリでを書いてました。楽しませてもらいました」と笑顔を見せていた。

Ξガンダムとペーネロペーの違いを問われると、森木氏は「Ξについてはガンダムの延長線。ペーネロペーについては明らかに違うものとして描いている。それぐらいで、あとは紙に向かって描いていたら完成した。あまり深く考えていないです」と制作過程を明かす。

今では、兄弟機ということ以外にも、いろいろな設定が追加されているΞガンダムとペーネロペー。森木氏は「(小説の)内容を知らないので同じところで作っているとも知らなかった。いろんな大前提を知らずにやっていますので…。にしては、偶然、うまくまとまっている」と笑う。井上氏によると、下巻でペーネロペーに可変機能の設定が加えられたのは「ペーネロペーのデザインを見て富野さんが考えたんじゃないか」と推察する。「(ペーネロペーはオデュッセウスガンダムがFFユニットを装着した機体というのは)ゲームに出てくるのでサンライズさんの方でオフィシャルにするのでリデザインで設定を作り直して前、後ろの細かいところを描いた。フライトユニット分かれると言われて『そんなこと考えてないんですけど…』と(笑)。ずいぶん頭を抱えて、なんとか分離させた。アルゴスユニットとか知ったの最近ですから」と“ガンダムあるある”をぶっちゃけ、笑わせていた。

同作は、2019年に迎えたガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第2弾として制作される宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。反地球連邦政府運動「マフティー」の戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。

#デザイン #ガンダム #キャラクター #アニメ #アニメーション


『閃光のハサウェイ』メカニカルデザイン森木靖泰氏、Ξガンダムの映像に驚き「動かすことを前提としたデザインじゃない」