アニメーション映画『岬のマヨイガ』超作画パートを解禁 大竹しのぶも絶賛

『千と千尋の神隠し』に影響を与えた小説「霧のむこうのふしぎな町」など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを世に送り出した作家・柏葉幸子による小説が原作の長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』(8月27日公開)より、本編シーンがWEBで解禁された。

本作は、居るべき場所を見失った17歳の少女と声を失った8歳の女の子がたどりついた、懐かしくてすこしふしぎな伝説の家《マヨイガ》での、血のつながりがない新しい家族たちと、ふしぎだけど温かい共同生活を描いた、ノスタルジック・ファンタジーな作品。

主人公・ユイは、 #芦田愛菜 。《マヨイガ》のふしぎなおばあさん・キワを #大竹しのぶ 。声を失った少女・ひよりを声優初挑戦の粟野咲莉(あわの・さり)が演じる。

解禁されたのは、ふしぎなおばあさん・キワが「ある村にのんきでぼんやりものの、でもとっても優しくて正直ものの嫁っ子がいた…」とまったりとした語り口調から始まる劇中の昔話のシーン。

本作の予告映像やポスターからは想像もつかない、激しく豪快に動き出す太い線と独特なテンポで移り変わるカットが衝撃的な映像となっている。キワの声を担当した大竹も、インタビューで好きなシーンを聞かれると、即座にこの昔話シーンを挙げるほど。

本シーンについて、松尾拓プロデューサーは「賀茂川さんによるやわらかなキャラクターデザインと岩手の優しい風景が印象的なシーン群からの流れで、大竹しのぶさんが演じるキワさんのナレーションと共に登場するこの超絶アニメーション! 自分も、コンテで初めて見たときからこの昔話シーンがどんな出来上がりになるか楽しみでしたが、想像以上にエッジィで挑戦的、アニメーションの楽しさと魅力がこれでもかと詰まっている演出バリバリの超作画パートとなっていることに感激しました! この部分は川面真也監督本人も、『いったいどうなるのかわからない…僕自身も楽しみにしているびっくり箱ですからね…!』とワクワクされていたことを改めて思い出します。監督としてもこの部分でお客さんにまたひとつ別の楽しさをプレゼントしたいと話されていたので、この意図はしっかり成功したと思います」と、制作意図を述べている。

劇中では、解禁されたシーンのほかにも昔話がいくつか登場する。今回解禁となったシーン同様、メインの物語とも、今回解禁されたものともまた異なる作画になっているという。

#アニメーション #解禁 #パート #大竹しのぶ #小説


アニメーション映画『岬のマヨイガ』超作画パートを解禁 大竹しのぶも絶賛