『SLAM DUNK』新作映画のティザービジュアル公開 湘北メンバー5人が円陣 世界中から大反響

2022年秋公開の人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)の新作アニメ映画(タイトル未定)のティザービジュアルが解禁された。湘北メンバー5人が円陣を組んでいる。

今回の新作アニメ映画の公開は、13日に発表されたもの。ティザームービーが公開されると、SNS上では「うおおお!スラダン!夢じゃなかったんだね!続きが観れるんだね!」、「令和で新しいスラダンに会えるなんて生きててよかった」、「この作品がオレらを何度も蘇らせる」「映画に関わっている方々も湘北も一緒に円陣組んでるみたい!ワクワクする〜!来年秋楽しみ!!」などと世界中から反応。YouTube急上昇ランク1位を記録し、2日間の再生回数は120万回を突破、Twitterでは412万回再生、9.4万RT 18.4万いいねを突破(16日11時時点)し、1996年の連載終了から25年を経った今でも圧倒的な人気の高さを見せた。

また、スタッフ情報も公開され、監督・脚本は原作者の #井上雄彦 氏が担当する。

『スラムダンク』は、『週刊少年ジャンプ』で1990年42号から1996年27号まで連載していたバスケットボール漫画が原作。湘北高校バスケ部に入部したバスケ初心者の主人公・桜木花道が、チームメイトの流川楓との衝突や強豪校との試合の中で才能を急速に開花させていく姿が描かれている。

手に汗握る試合の描写やバスケに青春を懸ける登場人物たちが、読者の共感を呼び圧倒的な支持を受け、国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破。その影響からバスケを始める #少年少女 が続出し社会現象に。『週刊少年ジャンプ』が前人未到の最大発行部数653万部を達成した1995年新年3・4合併号では全ページフルカラーで巻頭を飾った。1993年〜1996年にテレビアニメが全101話放送され、劇場アニメも数作、公開。2020年に連載30周年を迎え、新作映画は2021年1月に原作者の井上雄彦氏が自身のツイッターで「【スラムダンク】映画になります!#slamdunkmovie」とサプライズ発表し、ファンを驚かせた。

#新作 #SLAMDUNK #メンバー #世界 #反響


『SLAM DUNK』新作映画のティザービジュアル公開 湘北メンバー5人が円陣 世界中から大反響