劇場アニメ『神在月のこども』柴咲コウ・井浦新が声の出演

俳優の #柴咲コウ#井浦新 が劇場オリジナルアニメ映画『神在月のこども』(10月8日公開)に主人公・カンナの両親役で声の出演をすることが発表された。また本予告と本ビジュアルも解禁となった。

日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作。

母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。そんな彼女のもとに一羽の兎(シロ)と一人の少年(夜叉)が現れ、出雲への旅にいざなう。

主人公カンナ役は、『朝が来る』で数多くの映画賞を受賞し、放送中のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で話題の蒔田彩珠。神使の兎・シロ役に #坂本真綾 、鬼の少年・夜叉役に #入野自由 、カンナが目指す出雲を治める神・大国主役に #神谷明 。カンナの幼少期は新津ちせ、同級生のミキ役に永瀬莉子。松江に奉られる神・恵比寿役に茶風林、長野・諏訪を護る龍神役に高木渉。そして、柴咲がカンナの亡くなった母親・葉山弥生役。井浦がカンナを男手一つで支える父親・葉山典正の声を担当する。

出演にあたり柴咲は「昨今の激動の世界でも普遍的な作品になっていると信じています。大人も子どもも前を向いていけるようなそんな“神在月のこども”、ぜひともご覧ください」。井浦は「典正は本当に不器用な父親だと思います。妻でありカンナの母でもある弥生を失った後、カンナを一番に思うけれども娘とうまく向き合うことができない典正は世の中の父親代表だと思って演じました」とコメントを寄せている。

予告映像は、母・弥生を亡くした喪失感を拭えないカンナの前に鬼の少年・夜叉が現れるシーンから始まる。弥生の形見のブレスレットを狙う夜叉ともみ合うカンナの前に神使の兎・シロが現れ、カンナは時が止まった東京から母の面影を追って出雲への旅へ出発する。

「ごめんな、父親失格だ」と話す父・典正の優しさや、明るく太陽のような存在の母・弥生を想うカンナ。道中、さまざまな試練に挫けそうになったカンナは「弥生と一緒に走っていたころのお前はどうなんだ?その時の気持ちまでうそだったと言えるのかよ!」と夜叉に言葉をかけられ、「行かなきゃ!このままだと嫌いになっちゃう!自分の好きを信じたいの!」と強い決意を持って出雲へ走り出す。

miwa書き下ろしの主題歌「神無-KANNA-」にのせて、大好きだった走ることと向き合いながら、出雲を目指すカンナの成長をとらえた予告映像となっている。

本ビジュアルは、“出雲”を背景にシロ、夜叉、弥生、典正、龍神の主要キャラクターを配置し、中央で出雲を目指すカンナの力強い目が印象的なビジュアルとなっている。

#アニメ #柴咲コウ #井浦新 #俳優 #主人公


劇場アニメ『神在月のこども』柴咲コウ・井浦新が声の出演