ハイブリッドな作風で注目される川尻将由監督、初の長編アニメ映画2022年公開

短編デビュー作でもあるアニメーション映画『ある日本の絵描き少年』(2018年)で「第40回ぴあフィルムフェスティバル」準グランプリ、「第23回文化庁メディア芸術祭」アニメーション部門優秀賞、「第74回毎日映画コンクール」大藤信郎賞など多数の映画祭で賞に輝き注目を集める川尻将由監督の初長編アニメーション映画『CHERRY AND VIRGIN』(2022年公開)。

本作で川尻監督が挑むのは、普遍的なラブストーリー。女性に免疫が無い32歳のエロ漫画家の本田遼と、腐女子で現実の男性に良い印象を持たない28歳の榎本亜美という、互いにリアルな男女関係が苦手な二人が、あるきっかけを通して偶然出会い、とまどいながらも他者と交わって生きることの“苦しさ”と“愛おしさ”を知っていく様を、現代のサブカルチャーを通して描く。

本作の主人公ふたりのキャラクターデザインはそれぞれ、エロ漫画家の本田遼を、実際にプロのエロ漫画家である高柳カツヤが、榎本亜美をプロの女性漫画家である仲春リョウが担当、さらに、イメージボード・色彩設計を『真夜中の底で君を待つ』『ニューノーマル・サマー』装画などで知られるイラストレーターの前田ミックが手掛けている。

また、イラストレーターでありながら、ライトノベル、ゲームのイラストや漫画家、Vtuberとしても活動、漫画単行本『私の初めて、キミにあげます。』『元カノに幻想を抱くなバーカ』などで活躍する西沢5ミリ、『刀剣乱舞-ONLINE-』一文字則宗、『MAGLAM LORD/マグラムロード』のキャラクターデザインなど、幅広いジャンルを手がけるlackらが、それぞれの持つ自身の画風のキャラデザインのままでシーン内にゲスト出演する。西沢5ミリは自身がVTuberとして活動するときの姿、lackは自身のアイコンであるコーヒーカップ頭の姿で登場し、声もそれぞれ本人がアフレコする。

前作『ある日本の絵描き少年』と同様に、実写映像素材をベースにしてアニメーションを制作する“ロトスコープ”と呼ばれる手法によって制作。アニメーションをベースにしながらも、実写、漫画の要素を取り入れたたハイブリッド、制作に参加するクリエーターのさまざまなデザインと世界観が1つのシーン内に描き出されるという、従来のアニメーションの枠を超えた川尻監督の独創的な映像表現のさらなる進化が期待される。

#監督 #ハイブリッド #アニメ映画 #アニメーション #デビュー


ハイブリッドな作風で注目される川尻将由監督、初の長編アニメ映画2022年公開