人気漫画『BLEACH』新作読切、次号5年ぶり掲載 尸魂界に招かれた一護の物語…73ページで描く

人気漫画『BLEACH(ブリーチ)』の新作読切が、10日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載されることが、2日発売の同誌35号の次号予告ページにて発表された。読切はセンターカラー含む73ページもの大ボリュームで、約5年ぶりに登場する。

今回の読切は、連載から20周年を迎えることを記念して掲載されるもので、「ある儀式のため、尸魂界(ソウルソサエティ)に招かれた一護だが…!?」とうストーリーが描かれる。また、次号では原画展やファンクラブなど『BLEACH』連載開始20周年企画の最新情報も掲載される。

『週刊少年ジャンプ』で2001年から2016年まで連載していた『BLEACH』は、死神・朽木ルキアと出会い、死神の力を得た主人公・黒崎一護とその仲間たちの活躍を描いたストーリー。

コミックスの累計発行部数は1億2000万部以上、テレビアニメが2004年〜2012年まで放送され、『BLEACH』最終章である「千年血戦篇」のアニメ化も決まっているほか、ゲーム化、2018年に #福士蒼汰 主演で実写映画化もされている。

#漫画 #BLEACH #新作 #発売 #週刊少年ジャンプ


人気漫画『BLEACH』新作読切、次号5年ぶり掲載 尸魂界に招かれた一護の物語…73ページで描く