Snow Man佐久間大介、“姉さん”三森すずこのアフレコで涙「高ぶって泣いちゃいました」

人気グループ・ #SnowMan#佐久間大介 、声優の #三森すずこ が30日、都内で行われた、中米共同制作のフル3DCGアニメ映画『白蛇:縁起』日本語吹替版初日舞台あいさつに登壇した。大のアニメ好きで知られる佐久間はW主演を務める三森のことを“すずこ姉さん”と呼び尊敬しきり。アフレコ中の三森の声を聞き「高ぶって泣いちゃいました」と感涙したエピソードを明かした。

中国のアニメ会社・追光動画とWarner Brothersがタッグを組み、2019年1月に中国で公開されると、国内では70億円以上の興行収入を樹立、2019年2月には17年以降の少年以上向けの国産アニメ映画の中で、興行収入が最も高い作品となった作品が、日本語吹き替え版が登場。人と妖怪の境遇を乗り越える真実の愛と、時空・前世を超えても途切れることのない壮大なラブストーリーを、最先端でハイクオリティーな3DCGアニメーションで描く。

三森は、見た目は美少女の白蛇の妖怪『白』(ハク)、佐久間は捕蛇村の少年『宣』(セン)を演じ、この日は宣の親友で犬のはらまき役の杉田智和、白と同じく蛇の妖怪・蛇一族の猛将で白を慕う青(セイ)役の佐倉綾音も登壇した。

アフレコ現場について佐久間は「すずこ姉さんと演技させていただいていたんですけど、1番最後の方のシーンで、迫真の演技に胸を打たれて、そこは一人ですずこ姉さんが撮られているのを後ろで座って観ていて、泣いちゃいました。気持ちがぐっと伝わって、僕も高ぶって泣いちゃいました」と目を輝かせる。

これに三森が「ありがとうございます、光栄です」と恐縮すると、佐久間は「演技でも引っ張っていただき、姉さんに頭が上がらない」と感謝しきり。一方で三森も「人柄がパーフェクトマン。ものすごく優しく、周りを思いやるのがすばらしい。取材で2人でインタビューを受けたりすると、インタビュアーさんの目を見て話し、しかもすごく丁寧に、同じような内容も話されていて、私もこんな人間にならないといけないと。密かにライバル心を燃やしてました」と打ち明けると、佐久間は「姉さん、ありがとうございます!」と頬をゆるませていた。

#SnowMan #佐久間大介 #三森すずこ #アフレコ #アニメ


Snow Man佐久間大介、“姉さん”三森すずこのアフレコで涙「高ぶって泣いちゃいました」