劇場版『Gレコ』富野由悠季総監督の演技指導に見える出演者への信頼「いい意味で任せてもらえている」

劇場版『GのレコンギスタIII』「宇宙からの遺産」の公開記念舞台あいさつが24日に都内で行われ、主演の石井マーク(ベルリ・ゼナム役)をはじめ、嶋村侑(アイーダ・スルガン役)、逢坂良太(クリム・ニック役)、高垣彩陽(マニィ・アンバサダ役)が登壇した。

逢坂が「監督の心とともにありたい」ということで、富野由悠季総監督の顔がプリントされたうちわを持参し、キャスト陣を和ませる形でスタート。一方の石井は「第3部を録るよと聞いた時にはすごくうれしく、早く録りたいという気持ちがあったので、いつも以上に集中して収録に挑むことができました。それが、今回は延期などにならずに、無事皆さんのお届けできたことが本当にうれしいです」と喜びをかみしめた。

嶋村も「このお話は知っているのに、第3部の物語はすごく勢いがあって、すごく新鮮に感じています。こうやって1本ずつ積み重ねて皆さんにお届けできていることが本当に幸せだと思います」とコメント。逢坂は「今回は残念ながら皆さんと一緒に収録できなかったんです。でも、皆さんの声を聞きながら収録の雰囲気を感じ取りながらやらせていただきました。クリムらしいおちゃらけた部分もたくさん出せましたし。また、『Gレコ』らしいあまりシリアスになりすぎない感じも楽しくて。中でもモビルスーツを使って大ゴミ掃除大会などもすごく面白かったです。そういう意味では肩肘張らずにラクに見られるというか、疲れない作品になっていましたね」と振り返った。

高垣は「第3部が公開になって、本当に良かったなという思いが一番ですね。新規シーンはもちろん、“こんなシーンあった?”というような再発見があって、劇場版ではテレビシリーズ以上に人間の感情の動きというか、人間の面白さがすごく描かれているので、キャラクターたちもより鮮やかに生きている感じがして、すごく元気をもらえるなと感じました」と打ち明けた。

「劇場版でキャラクターの心情がより詳しく描かれるようになりましたが、演技にも違いが出てきたでしょうか? また、それに対する富野由悠季監督からの演技指導があったのであれば教えてください」との質問が寄せられると、嶋村が「富野監督の演技指導は減ったよね」と切り出し、全員が同意。指導があったシーンに関しては、石井が「ベルリが、アイーダが自分の姉だとわかって感情をはき出すシーンでは、何故か股間を押さえていて。その理由を監督に聞いたら“そういうことだよ”と、ちゃんと話してもらえませんでした(笑)。だから、きっとモヤモヤしているっていうことなんだろうなと解釈してやらせてもらいました」とやりとりを再現した。

逢坂が「富野さんから“逢坂くんは何も心配してないから大丈夫”と言われて、逆にプレッシャーがありました」と話すと、高垣は「監督とのディレクションでお芝居を詰めるというのがあまりなくて、いい意味で任せてもらえているというのがあります」とディレクションについて語りつつ「ノベルをやった時は監督のリアクションをチェックするのがクセになっていまして。そこで監督がニコっとしてくれていると“よし!”となるんですが、今はマスクをしているので一瞬その表情がわからないのが不安ですね」と富野監督のリアクションについてのやり取りの思い出も語った。また、高垣さんもひとりでの収録だったのに対し、マスク役の佐藤拓也さんとバララ役の #中原麻衣 さんが一緒に収録だったことに関しては、マニィの立場から「すごくジェラシーを感じた」という感想も。

第4部と第5部に向けた意気込みについて。高垣が「第3部でマニィがメガファウナに行きますが、その後どういう行動を取るのか楽しみにしています。そして大好きな大気圏再突入ですね。あそこは壮絶なラブシーンだと思っているので、劇場版ではどう変わっていくのかに期待している感じですね」と期待。嶋村は「第1部の時に“劇場版はこんなにエネルギッシュになるんだな”と思ったんですが、第3部ではさらにすごくなっていて、このままだと第4部はどうなっちゃうんだろうなと。私はその波にちゃんと乗っていけるのかは若干心配なぐらいです。でもそれがすごく楽しみですね。富野さんの作品は人間のエネルギーを感じられるので、それがあと2本あるのかと思うと気持ちがふわふわしてきますね」と率直な思いを口にした。

逢坂は「この後の4部にあたるところは、テレビシリーズでは一切出番が無かったので、“次はもしかして出番がないのかも……”と。第3部ではキービジュアルにクリムの姿が無かったのもショックで。でも、何かしら新規シーンで出してくれることを期待しています」とアピール。石井は「第4部では、金星に行ってジット団が出てくるあたりから、ベルリの戦いが激しくなっていくので、そこで思いっきりベルリ君の勢いを表現しきれたらいいなという意味で、ちゃんと体力とかもつけておこうかなと思っている最中です。第4部でさらにテンションが上がるカットとかもあると思うのでそれに向けて頑張っていきたいです」と意気込んでいた。

#監督 #富野由悠季 #指導 #宇宙 #遺産


劇場版『Gレコ』富野由悠季総監督の演技指導に見える出演者への信頼「いい意味で任せてもらえている」