『東京五輪』ゲーム曲演出で一気に感動・お祭りムード 各国の“勇者”集結で話題

東京オリンピックの開会式が23日、東京・国立競技場で行われた。選手団の入場行進曲では『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』など日本発のゲーム曲が使用された演出に、各国の参加選手が“英雄”“勇者”に見えたことから、ネット上では「国の勇者が集結!」「英雄感ハンパない…」「参加してる各個人が物語の主人公でこれから始まるんだと感じました」「『選手の皆一人一人が勇者』というスタンスパフォーマンスはすばらしかった」などの声があがっている。

東京五輪の開会式の演出では #MISIA による「君が代」独唱と国旗掲揚、コロナ禍でなくなった人たちに向けて追悼式も行われ、俳優・ダンサーの #森山未來 が犠牲者に捧げるパフォーマンスを披露した。また、各国選手団の入場行進曲は日本発のゲームのテーマ曲で『ドラクエ』『FF』『モンスターハンター』などの曲が流れた。

選手団の入場曲がゲーム曲だったこと、さらに『ドラクエ』や『FF』など勇者や英雄が登場するタイトルのゲーム曲が使われたことで「『皆1人1人が勇者』素敵なメッセージ性だね〜」「ドラクエやらFFの曲が流れて驚いた。選手は勇者」「五輪に出る選手達は勇者だよね…!」「各国の英雄たちが集結!東京五輪サイコー!」「かっこいいわ!」「選手が1、2人しかいない国もあるけれど、国の英雄感がすごい」などと反応。

さらに、コロナ禍、不祥事が相次いだ中での東京五輪開幕に「選手団は、アスリートであり勇者だ! まさかのドラクエに、一気に救われた気持ちになった! 選手の皆さん!これからの闘い、応援しています!」「こんな大変な世の中で賛否両論、というより否が強めなオリンピックにおいて、そこにこの小さな島国に渡って来た選手たちを『勇者』として表現するのは素晴らしいことだと思います」「選手達がみんな勇者・英雄にみえました。こんなに大変な中、日本に来てくれてありがとう!」と感謝の声も続々とあがっている。

#東京 #ゲーム #東京五輪 #祭り #東京オリンピック


『東京五輪』ゲーム曲演出で一気に感動・お祭りムード 各国の“勇者”集結で話題