日笠陽子、イジり倒す福山潤を一喝 「すてきな女性を演じるケースが多い」に「トゲがありますけど!」

声優の #日笠陽子#福山潤 が10日、都内で行われた、ネクソンの新作スマートフォン・PC向けRPG『COUNTER: SIDE』(カウンターサイド)発表会に登場した。

同ゲームは今冬にリリースする全領域抗戦型RPG。現実世界と荒廃した裏世界からの「浸食現象」が発生した2044年が舞台。侵攻を試みる「浸食体」に対抗する異能力者、民間軍事企業の社長であるプレイヤーは、自社に所属する各小隊の指揮を執る立場としてゲームを侵攻していく。

美少女だけでなく男性、機体を含めた100体以上のキャラクターが登場。ゲームは「採用」という形で獲得したキャラクターを編成した小隊を育成・運用し、自軍を守りながら敵の本陣を破壊する、オフェンス方式のリアルタイムラインバトルで進行。勝利条件の達成方法を考えるリアルタイムストラテジー・シミュレーション要素、育成型RPGとしての要素を兼ね備えている点が、ゲームの魅力となる。

主題歌は #水樹奈々 が担当。キャストは福山潤、日笠陽子、中井和哉、 #悠木碧 、津田美波、川澄綾子、高野麻里佳、柚木涼香ら…50人以上の有名声優が起用されており、自身の担当キャラについて福山は「細い眼でニヤッとしている横顔が印象的でした。自分と親和性が高いキャラクターになりそうだなと思いました」とにっこり。

日笠と共演するが「作品で一緒になると、日笠さんはとにかく、すてきな女性を演じるケースが多いんですよ」と告白。それを聞いた日笠は「どういう意味? トゲがありますけど!」と突くと、「トゲを持ちました!」と笑いを誘った。

また、この日は“サブカルチャー”についてトークすることになり、日笠は「サブカルチャーってなんですか?」と聞くと、福山は「サブとカルチャーで別途で考えてみようか?」とフォロー。「サブは隣。カルチャーは文化。隣の文化」とストレートに回答すると、「ははは」と爆笑する福山を日笠は「ほら! こうやって私をいいようにおちょくって!」と一喝した。

#日笠陽子 #福山潤 #RPG #世界 #声優


日笠陽子、イジり倒す福山潤を一喝 「すてきな女性を演じるケースが多い」に「トゲがありますけど!」