雨宮天、“空腹対策”でかばんに肉常備 生肉疑惑に照れ笑い「サラダチキンみたいな感じですよ」

声優の #雨宮天 が3日、都内で行われたアニメ映画『劇場版七つの大罪 光に呪われし者たち』公開記念舞台あいさつに登壇。作品のテーマにちなんで「デビュー当時から大切にしている変わらないこと?」との質問が寄せられると「お腹は空かせないようにしていますね(笑)。アフレコ現場でお腹の音が鳴っちゃうと、それが梶(裕貴)さんのマイクに入っちゃって、撮り直しになったりするので、お腹の管理は大事」と声を弾ませた。

#梶裕貴 が「気づくと何かを食べている。かばんの中に肉がよく入っていましたね」と明かすと、登壇者たちが「生肉ですか?」とボケを交えたコメントが。雨宮は「サラダチキンみたいな感じですよ(笑)。生肉じゃなくて…」と訂正しながらも「お腹が空くと気分が落ちちゃうのですが、それが自分でも気づかないところでキャラクターのテンションにも影響を与えると思うので、モチベーション管理としても大事にしているところです」と照れ笑いを浮かべた。

テレビアニメが放送されてから7年経過した今、映画でフィナーレを迎えることになったが、エリザベス役の雨宮は「自分の性格が似てなくて、共感することが難しかったのですが、共感できなくても理解はできるだろうと、寄り添う努力をしてきました。自分の中ではアプローチの正解をずっと迷いながら、やってきました。劇場版を見た時に7年分の道のりが見えるような思いがしました。『エリザベスの声優です』と、今なら胸を張って言えるかな」と言葉に力を込めていた。

『七つの大罪』は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団<七つの大罪>が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。今回の劇場版は、原作者・鈴木央氏が描き下ろし、テレビアニメから続く“最終章のその先”完結を迎えた彼らを描いた完全新作オリジナルストーリーとなっている。

舞台あいさつにはそのほか、梶裕貴、雨宮天、 #倉科カナ#川島明 (麒麟)、 #井上裕介 (NON STYLE)も登壇。MCは、テレビ東京の田中瞳アナウンサーが務めた。

#雨宮天 #対策 #疑惑 #サラダチキン #声優


雨宮天、“空腹対策”でかばんに肉常備 生肉疑惑に照れ笑い「サラダチキンみたいな感じですよ」