梶裕貴『七つの大罪』ホークの“ドッキリ”に驚き フィナーレにしみじみ

声優の #梶裕貴 が3日、都内で行われたアニメ映画『劇場版七つの大罪 光に呪われし者たち』公開記念舞台あいさつに登壇。テレビアニメが放送されてから7年経過した今、映画でフィナーレを迎えることになったが「なかなか実感がわいてこなかったのですが、こうして作品を、みなさんにご覧いただくということは、今後はなかなか演じる機会もなくなってくるでしょうし、少しずつさみしさが高まっています」と打ち明けた。

今作のアフレコで印象に残っているシーンについて、梶は「エリザベス役の(雨宮)天ちゃんとは、7年半ずっと一緒にやってきて、3000年かけた愛が実って、ようやくここから幸せなエピソードが待っているというところで、その成就した愛を確かめあっているシーンが印象に残っていますね。エリザベスが(自身が演じる)メリオダスをひざ枕するようなシーンがあるのですが、天ちゃんの声が、キャラクターを7年半演じてきた声として、ぴったりの温度感、ぬくもりなんです」とかみしめるように語った。

舞台あいさつにはそのほか、 #雨宮天#倉科カナ#川島明 (麒麟)、 #井上裕介 (NON STYLE)も登壇。登壇者には「置物」だと伝えられていた、劇中に登場するキャラクター・ホークがドッキリで動き出すと、一斉に驚きの声を上げ、梶も思わず「ホーク!」と叫んでしまうと「メリオダスが入ってしまいました」と照れ笑いを浮かべていた。

『七つの大罪』は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団<七つの大罪>が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。今回の劇場版は、原作者・鈴木央氏が描き下ろし、テレビアニメから続く“最終章のその先”完結を迎えた彼らを描いた完全新作オリジナルストーリーとなっている。

舞台あいさつのMCは、テレビ東京の田中瞳アナウンサーが務めた。

#梶裕貴 #七つの大罪 #ドッキリ #アニメ #声優


梶裕貴『七つの大罪』ホークの“ドッキリ”に驚き フィナーレにしみじみ