原作者きくちゆうきが描く「100ワニ」前日譚がクライマックスに

アニメ映画『100日間生きたワニ』(7月9日公開)の公式Twitter(@100waniMOVIE)で連載中の、原作者のきくちゆうきによる、ワニと幼なじみの親友ネズミの出会いを描いた「100日後に死ぬワニ」の前日譚「#100ワニ出会い編」(全30話)。本日、27話が公開され連載もクライマックスに。残り3回を前にこれまでのストーリーを振り返る。

物語はワニたちがまだ小学生の頃の話。ワニが住む町にネズミが引っ越してくる。転勤が多い家庭のネズミは、「どうせ1人になるのなら友だちはもういらない」と新しい学校で友だちを作ることをあきらめていた。一方、既に友だち同士の幼いワニとモグラは常に2人で遊んでいる。学校が始まるまでの間、毎日1人で遊んでいたネズミは、ある日ワニとモグラに遭遇する。

その日から2人を避けていたネズミだったが、新しい学校に転校すると2人がクラスメイトだと判明。初めは2人にしつこく絡まれるのを避けていたネズミだったが、徐々に打ち解け一緒に遊ぶようになる。そんな中、またしてもネズミは3ヶ月後に引っ越すことを両親から告げられる。ワニたちに転校を打ち明け、「別れるまでたくさん遊ぼう」と決めたネズミ。ある日ネズミは恐る恐る「おれは友だちか?」と聞くと、ワニは「友だちに『友だちか?』の確認は必要ないでしょ。つまり友だちだな」と答えたのだった。

そして本日公開された第27話では、ネズミの引っ越し当日にワニとモグラが見送りに来るという切ないシーンが描かれる。車の中のネズミに「転校したら家呼んでね」と声をかけるワニ。そして、ここから思わぬ展開が待ち受けていて…。

ぜひ続きは映画『100日間生きたワニ』公式Twitterで。残り3話でどんな前日譚が描かれるのか? 原作と映画オリジナルストーリーの間の話も描かれる予定だ。

■Twitter100日企画まとめ
https://100wani-movie.com/twitter/index.html

#ワニ #きくちゆうき #連載 #出会い #アニメ映画


原作者きくちゆうきが描く「100ワニ」前日譚がクライマックスに