浪川大輔&石川界人の“推し馬”は?競馬実況に挑戦もグダグダな結果に「地獄の時間です」

ABEMAの「アニメLIVEチャンネル」で、6月24日(木)の夜10時から夜11時30分にわたり『声優と夜あそび 木【 #浪川大輔 ×石川界人】#10』が放送された。

本放送ではJRAとのコラボ企画として「競馬実況アナウンサーとコラボ」を実施。実況のスキルを学び、競馬実況に挑戦したほか、宝塚記念で単勝をかける“推し馬”を決めるコーナーを行った。

■浪川大輔&石川界人が競馬実況に挑戦!

複雑な競走馬の名前を覚えたり、二転三転する状況を瞬時に把握してわかりやすく伝える、高度なスキルが必要な競馬実況。講師として競馬実況を担当している清水久嗣アナウンサーを迎え、そのプロの技術を学んでいった。

「実況はひらめき」「五・七・五で言葉をまとめると印象に残りやすい」「レースの最後をきっちり決める」など、実況のポイントを学んだ2人は、早速、過去のレースを見ながら実況に挑戦。ここまで基本を教わったものの、いきなりの実践に「無理だって〜」とうなだれた。まずは、清水アナがお手本を披露。刻一刻と変わるレースの状況を的確に抑えた圧巻の実況に、浪川と石川は「すっご……」と呆然。

そうして、プロの技に圧倒されるなか、石川の実況がスタート。すると、開始早々「何がなんだかわかりません〜」と叫びだす石川。「しゃべる内容が思い浮かびません!」「僕にとっては地獄の時間です」と次第に競馬ではなく、自身の状況を実況し始めた。その後「先陣を切っているのは紫の帽子」「今、3コーナーを過ぎたところ!」と競馬の実況を試みるが、知識がない状態での挑戦はさすがに難しく、資料を確認しているうちに1着の競走馬がゴール。一番大事な勝ち馬を見逃してしまいグダグダな結果に。挑戦を終えた石川は「めちゃくちゃ難しいです」「理解しようと思って頭はフル回転なんですよ」「めっちゃ汗かいてますもん」と振り返り、プロの凄さを実感した様子だった。

続いて、浪川が挑戦。過去に競馬の経験があるといい、知識も披露していた浪川に期待が集まるなか、VTRがスタート。「最初に飛び出したのはタツゴウゲキ!」「リスグラシューが早速仕掛けています」「先頭を走っているのが1番のキセキ」とゆっくりではありながらも状況をつまんで解説していく。さらに、「(最後尾で)今は引いているマカヒキの動きに注目していきたいと思います」と“引く(ひく)”と“ヒキ”の言葉あそびを混ぜた実況をみせた浪川に、清水アナは「競馬をやってるなと思いましたし、馬に寄り添った実況でしたね」と絶賛。石川は「全然僕よりできてる〜」「ずるい!」と悔しがった。

また、番組の後半には「宝塚記念を予想してみよう」も実施。番組内で単勝馬券を購入するため、清水アナの解説のもと、2人に“推し馬”を決めてもらった。

より競走馬に感情移入してもらうため、2人を競走馬に例えて紹介する清水アナ。浪川は、逃げが強いベテラン馬だけど、最近はいつも2番手の“キセキ”、石川は、強い自我を持ち、場所や相手問わず活躍するが1番はとったことがない“カレンブーケドール”に例える。

「いつも2番手」や「1番はとったことがない」という最近の成績に、顔を曇らせるが、なんだかんだでこの2頭に共通点を感じた2人。そうして、“キセキ”と“カレンブーケドール”に賭けることを決めた2人は、「“キセキ”を起こしてくれ!」「一番をとるんや!」と“推し”にエールを送っていた。

(c) #AbemaTV ,Inc.

『声優と夜あそび 木【浪川大輔×石川界人】#10』概要

▼ABEMAビデオで#10配信中 ※7月1日まで無料

6月24日(木)放送:
出演者(敬称略):浪川大輔、石川界人

▼ABEMAプレミアム限定!アフタートークなど、限定映像が見られる『声優と夜あそび プレミアム【浪川大輔×石川界人】 #10』も配信

URL:

#競馬 #浪川大輔 #挑戦 #コラボ #アニメ


浪川大輔&石川界人の“推し馬”は?競馬実況に挑戦もグダグダな結果に「地獄の時間です」