相羽あいな、北海道の母が『Roselia』の映画鑑賞「感動しておりました!」

メディアミックス作品『BanG Dream!』から生まれた声優ガールズバンド・Roselia(ロゼリア)が23日、都内で行われた劇場版『BanG Dream! Episode of Roselia II : Song I am.』(25日公開)の舞台あいさつに登壇した。

Roseliaは、湊友希那(CV:相羽あいな)、氷川紗夜(CV:工藤晴香)、今井リサ(CV:中島由貴)、宇田川あこ(CV:櫻川めぐ)、白金燐子(CV:志崎樺音)の5人からなるバンド。本作は、4月23日に公開された『Episode of Roselia I:約束』の続編で、FUTURE WORLD FES.の先に5人が見た景色までが描かれる。

『約束』の反響がそれぞれのメンバーに多く届いており、相羽は「Roseliaメンバーが動いて話している風景は、なかなか描かれなかったので、感想にも『うれしい』があふれていましたね!」と話した。

ライブシーンについて中島は「完成を見るまでどういう感じになっているかわからなかった。ファンのみなさんと同じタイミングで、ライブシーンがこうだったんだと感じることができてうれしかったです」とファンと共有できたことに喜び。工藤も「ライブシーンのカメラのアングルがすごくて…」とスタッフの技術に感謝した。

また、相羽は北海道に住む母が『約束』を鑑賞したことを明かし「東京に住んでいるので、地方の劇場のことはわからないじゃないですか。どうやら、北海道の劇場は老若男女、親子連れ、カップルもお一人さまも…。いろんな方々いらっしゃっていて感動しておりました! ありがとうございます!」と話していた。

#Roselia #北海道 #声優 #舞台


相羽あいな、北海道の母が『Roselia』の映画鑑賞「感動しておりました!」