『閃光のハサウェイ』マフティーメンバーがトーク 津田健次郎、ガウマンの印象 落合福嗣「Ξガンダムの手の関節が…」

数度の公開延期を経て11日に公開した『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。マフティーメンバーのトークイベントが22日までに実施された。本イベントにはマフティーメンバーの #小野賢章 (マフティー・ナビーユ・エリン)、津田健次郎(ガウマン・ノビル)、 #石川由依 (エメラルダ・ズービン)、落合福嗣(レイモンド・ケイン)、武内駿輔(イラム・マサム)が登壇。アフレコ時の思い出などを語った。

数回の公開延期を経て、ついに公開されたことに対して小野は「やっとお話しできるなと思いつつ、今までどこまで話していいのか試行錯誤しながら小出しにしてきましたが、ここまでくると逆にどこまで話したらいいか…(笑)」と戸惑いつつも、本作を観た印象に「やっぱり迫力があるし、音がすごい、劇場で見てもらえたのがうれしいです。この劇場の大きなスクリーンで観て心にグサッとくるのは、市街地のシーンがリアルで何とも言えない気持ちになりますね。ただ全体を通してすごくかっこいい、大人な作品という印象です」と真剣な様子で話した。

津田は「今までにあまり観たことのない感覚がして、とても新鮮でした。スタイリッシュで今までにない感覚があり、すごくよかったです」。石川は「最初から最後までハラハラしていたなと印象で、最初はハイジャックから始まって、ハサウェイとギギの関係性、人間関係がすごく繊細で丁寧に描かれていて、今後どうなるんだろうと感じながら、あっという間に終わってしまいました」と感想を口にした。落合は「やっぱり市街地の戦いが印象的ですね。宇宙空間で戦ったりはあるけど、地球で重力を感じて、モビルスーツの機械の重たい感じの表現が心にグサッときました。かっこいいなと思いながら観ていました」とモビルスーツ好きを垣間見せた。武内は「ストーリーもそうだけど、キャラクターの表情が細かく描きこまれているなと思いました。モビルスーツの戦闘シーンはもちろん、人物描写の表情や動きが作りこまれていて、これほどのクオリティが『閃光のハサウェイ』を映像化する時に、求められていたものかなと思うと、感動しました」とそれぞれ振り返った。

今作に出演が決まった時の感想を聞かれると落合は「宇宙世紀の中にレイモンド役として息ができることに感動で、本当にうれしかったです」と感慨深げ。津田と石川はそれぞれの役を演じるにあたって意識したこと、大変だったことを聞かれ、津田は「ガウマンは一見厳つくてゴリゴリな感じがするんですけど、淡々と冷静で…。百戦錬磨の軍人に思えるが、ちょっとしたギャップみたいな感じが個人的に印象に残って、こういうところは大事にしたいなと思いました」と演じたキャラクターのガウマン・ノビルの魅力を語った。石川は「わりと戦闘能力が高い役を演じる機会が多いんですけど、ここまで言葉遣いが荒い役はなかったので、今回のエメラルダは見た目がワイルドで、姉御肌で、強気なので、演じられるか不安でしたね。アフレコでも何回かトライさせていただきました」とアフレコ収録時の思い出も語った。

小野は「石川さんとは長い付き合いだけど、石川さんだと気づかなかった」と、驚いた様子で絶賛。それに対し石川も「私も自分で聞いていて、これ私なんだよなと思いました(笑)。なので、新しい私を見ていただけるのかなと思います。」と新たな一面も伺えた。

トーク後半では、マフティーメンバーのお互いの印象やアフレコ現場での様子も。落合は「僕たちマフティーのリーダーであるハサウェイの心の芯が、作品を通すと知ることができるが、メンバーには見せてないのかなと。コロナ禍ということもあり、武内さん、石川さんと3人でアフレコしたので、ハサウェイがいなかったんですよ。それが逆に、リーダーだけどそこにいない、彼の本当の心の内が見えない…。“でもリーダーだ“というのが、アフレコしやすかったです」。それに武内も賛同し、「結果的に独特な距離感が生まれたのかなと感じました」と、リーダーとしてのハサウェイに対する印象を語った。

それに対し小野は「僕はマフティーのメンバーと会話したかったです。ハサウェイはケネスといるときは自分の思っていること、やっていることが逆なので、すごく気持ちを作る上では真逆のことを思っているので違和感がありました。でも、マフティーメンバーとの会話は言動と行動が一致しているので、そこの会話は他の人と実際に話したかったです。演じていく中で芝居の正解に確信がもてなかったのが正直なところです」と、マフティーメンバー2人とは反対の印象を話し、自身の役作りへの心情を語った。

最後に、本作のおすすめポイントや、こんな人に見てほしいというメッセージでは、武内は「表情の作り方や、どんな登場の仕方をしたら雰囲気を感じさせるかなど、演出にもこだわりを感じるので、そこは何度も観て楽しんでいただけたらなと思います」とメッセージ。石川は「エメラルダが最後の方でマフティーの代表となってハサウェイを手助けするシーンがあるんですけど、アフレコの時に緊迫と緊張の極限のところで演じてほしいとお話をいただいて、息苦しく手が震えながらも必死に演じたので、また観ていただく際は注目していただけたらなと思います」と話す。

小野は「考察するところもたくさんあるけど、ペーネロペーとクスィー(Ξガンダム)が戦うシーンで、クスィーの銃を構える際の細かい動きが好きです。かっこいいので何度も観てほしいです」と呼びかけ、津田も「それはもう一度見たくなるね」と共感。続けて津田は「全体を通して新しい感覚の作品です。市街戦が本当に怖く、生身の人間の無力さを感じます。そしてとにかく没入感があり、1度目と2度目で印象が変わりますね。ブルジョア感のある高級ホテルとかもいいですよね、何回も見てほしい」と語った。落合は「重量感のあるモビルスーツが空を飛ぶシーンでの、その時に起こる周りへの影響をかなりリアルに表現している。また、Ξガンダムが最初に手だけだして登場するシーンでの関節の動きが大好きです。あそこだけ何度も観ちゃいます」とする。小野「ガンダムシリーズは、今まで顔のアップから始まるけど、『閃光のハサウェイ』のクスィーは手からの登場で、今までのガンダムと違うよね」と同調した。

最後のあいさつで、小野は「公開延期で、たくさんお待たせしてきた中で、こうやって本作のことを、他のキャストのみなさんとお話しさせていただけている今、公開したのだなと実感しています、まだ始まったばかりですが、もっと観てほしいガンダムシリーズの一作品として素晴らしい作品となっておりますので、たくさん観て、みなさんで語り合ってほしいと思います。これからも応援お願いします。ありがとうございました」と熱い思いと共に締めくくった。

また、マフティーメンバーをメインに作られているロングPVも解禁。ダバオでハサウェイと接触する諜報員のミヘッシャ・ヘンス、1ギャルセゾンのキャプテンであるレイモンド・ケイン、メッサ—2に搭乗しているガウマン・ノビル、メッサー1を操縦しているエメラルダ・ズービン、ハサウェイの事情を知っている良き理解者のイラム・マサムなど、マフティーメンバーが勢ぞろい。モビルスーツ同士の激しい闘いや、ギギとの掛け合い、ケネスがマフティーに対して辛辣なセリフを言う場面など、本編の映像がふんだんに使われている。ハサウェイがマフティーの活動に対し1人で悩む姿が印象的な、重厚感のあるPVとなった。

#津田健次郎 #ガンダム #関節 #延期 #機動戦士ガンダム


『閃光のハサウェイ』マフティーメンバーがトーク 津田健次郎、ガウマンの印象 落合福嗣「Ξガンダムの手の関節が…」