『劇場版 呪術廻戦 0』芥見下々先生によるラフデザインを元にした乙骨憂太の設定画が解禁!

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中、シリーズ累計発行部数5000万部(2021年6月4日現在)の大人気コミック『呪術廻戦』(芥見下々・著)。3月26日のTVアニメシリーズ最終回にて解禁され大きな話題を呼んだ、『呪術廻戦』初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』より、主人公・乙骨憂太の設定画が遂に解禁となりました!

『劇場版 呪術廻戦 0』芥見下々先生によるラフデザインを元にした乙骨憂太の設定画が解禁!

先日、『呪術廻戦』初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』の公開日が、ファンにとって重要な“百鬼夜行の決行日”である12月24日(金)に決定したことと、最新のティザービジュアルが発表され大きな反響を呼んでいる中、今作の主人公・乙骨憂太の設定画が遂に解禁となりました!

幼少の頃、結婚の約束を交わした幼馴染・里香を交通事故により目の前で失い、彼女に憑りつかれてしまった乙骨憂太。呪いとなった里香はその巨大な力で乙骨の周囲の人間を傷つけてしまう。人との関わりを避け生きてきた乙骨だったが、呪術高専の教師・五条悟との出会いを機に、“愛する人”の呪いを解くことを誓う。

そんな乙骨憂太のキャラクターデザインは、原作者・芥見下々先生からの希望を反映し、先生の描いたラフデザインを元にアニメスタッフが仕上げた、この劇場版ならではのデザインとなっております。

主人公・乙骨憂太の仲間となる同級生や呪術高専関係者のビジュアルなどは今後随時解禁となりますので、公開までぜひご期待ください!

『劇場版 呪術廻戦 0』

—これは、呪術廻戦の原点の物語であり、“愛と呪いの物語”。

集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の、芥見下々による漫画作品「呪術廻戦」。2018年3月から連載が開始され、人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描き、既刊16巻にしてシリーズ累計発行部数は驚異の5000万部を突破。

2020年10月から2021年3月までは毎日放送・TBS系列にてテレビアニメが放送され、深夜アニメ枠ながら、高視聴率を獲得。定額制動画配信サービス全体の視聴者数週間ランキングでも約2カ月に渡って1位を記録し続けるなど、一大ムーブメントを巻き起こした。(GEMランキングクラブ調べ/2021年1月23日~3月20日の毎週土曜に過去1週間の視聴作品を調査)そして、2021年12月24日。『呪術廻戦』は映画となって新たなステージを迎える。劇場版で描かれるのは、既刊単行本の中でも人気のストーリーの一つである『呪術廻戦』の前日譚、「呪術廻戦0東京都立呪術高等専門学校」。通称“0巻”。

原作:「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」芥見下々(集英社 ジャンプ コミックス刊)
制作:MAPPA
配給:東宝
劇場版公式HP:jujutsukaisen-movie.jp
TVアニメHP:jujutsukaisen.jp

©芥見下々/集英社 ©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

The post 『劇場版 呪術廻戦 0』芥見下々先生によるラフデザインを元にした乙骨憂太の設定画が解禁!first appeared on JMAG NEWS.

#呪術廻戦 #芥見下々 #解禁 #集英社 #連載


『劇場版 呪術廻戦 0』芥見下々先生によるラフデザインを元にした乙骨憂太の設定画が解禁!