アニメ映画『100ワニ』キャスト・監督がネタバレ回避で魅力を語る ウイカ「鈍い感じでえぐってくる」

アニメ映画『100日間生きたワニ』(7月9日公開)オンラインヒット祈願イベントが20日、都内で行われ、 #神木隆之介 、木村昴、 #ファーストサマーウイカ 、上田慎一郎監督、ふくだみゆき監督も登壇した。キャスト・監督の2人が、同作の魅力についてネタバレを避けながら語っていった。

同作は、きくちゆうき氏が自身のツイッターで2019年12月12日から20年3月20日まで100日間毎日投稿していた漫画が原作で、主人公のワニの日常を描いた物語。「100日後の死」を前提に描いており、1日目は、ワニがただテレビを見て笑っているだけの誰にでもある普通の風景だが、4コマ目の最後に「死まであと99日」と“死”へのカウントダウンを告知する斬新な作品で話題となった。映画で描かれるのは、100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿となる。

ワニ役の神木は「4コマ漫画で、今まで動いている姿を見ていなかったので、キャラクターが動いている姿が愛おしかったですね。キャラクターはかわいいんですけど、その中に込められているメッセージがすごく僕の中では刺さりました」としみじみ。「出演者のみんなと試写室で見ていたんですけど、それぞれに同じメッセージもあるけど、違うメッセージを受け取ったんだろうなっていう会話で『あーそっか…』っていう間がありました」と明かした。

モグラ役の木村は「語弊を恐れずに言うと、できればひとりで見たかった(笑)。試写が終わって、すぐ感想コメント撮りがはじまったので、めちゃくちゃ涙をこらえました。本当はトイレとかで爆泣きしたかったくらい感動しました。感情移入すると切ない部分とか、ジーンとするシーンがたくさんあったので、見終わった後に頭も心も使って消化したいなという作品になっています」とアピール。

イヌ役のウイカは「原作全部読んでいたので、その後ワニくん以外の生活は続いていくことに思いを馳せていました。私はいなくなった人よりも、遺された人の人生を考えることが多くて、どうなったんやろうなっていうところをオリジナルで描いていて、そこがかなり驚きました」と力説。「けっこうカエル役に食らっちゃって…。身に覚えがあるような、ちょっと共感性でグッときちゃう。まさか、こんなやられ方をするとは思ってなかった。すごい鈍い感じでえぐってくる。家族とか、好きな人とか、友だちとかと見ることで、小さな幸せとかに気づかせてくれる作品だなと感じました」と語った。

一方、キャスティングについて、上田監督が「まず、ワニが持っているピュアさ、失った時の喪失感の大きさ、ザ主人公というところで神木さんにお願いしました。イヌ役のウイカさんは、飲み会とか合コンとかにいてほしい感じ、姉御感がいいなと感じまして…」と決め手を説明。ふくだ監督が続けて「(ネズミ役の) #中村倫也 さんは、いろんな役をフラットに演じることができる方で、神木さんとも実際に仲がいいということで、そういう関係があったほうが出る空気感って違うだろうなと考えました。木村昴さんは、ワニとネズミの間に入るモグラという役で、声質に華がある方がいいなと。パッと明るくなるような声質、バランスを考えた時にすごくいい。いい意味で3枚目感もありますし。センパイ役の #新木優子 さんは、インタビューとかの受け答えを拝見した時に、言葉を丁寧に紡いで品があるなと感じて、親しみやすさと #高嶺の花 感があるところがピッタリでした」と説明した。

#監督 #アニメ映画 #ワニ #ネタバレ #魅力


アニメ映画『100ワニ』キャスト・監督がネタバレ回避で魅力を語る ウイカ「鈍い感じでえぐってくる」