『ニンダイ』主な発表を振り返る 『ゼルダBotW』『メイドインワリオ』『真・女神転生Ⅴ』

任天堂は16日、オンラインでNintendo Switchソフトの新情報を発表する『Nintendo Direct | E3 2021』を放送。世界中のファンが注目するなか、新作タイトルや発表済みソフトの新情報が続々と発表された。主なタイトルをを振り返る。

まずは、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の新ファイターを発表し、『鉄拳』のカズヤが参戦することが決定した。

2D『メトロイド』としては約19年ぶりの新作となる『Metroid Dread』が10月8日に発売決定。サムスが登場するゲームプレイ映像が公開されたほか、本作にちなんだamiiboも発売されることが明らかになった。

ミニゲームがプレイできる人気シリーズ最新作『おすそわける メイドインワリオ』は、9月10日に発売。今作ではキャラクターによるアクション要素が増しているほか、二人同時プレイに対応する。

「パワプロクンポケット」シリーズ最新作『パワプロクンポケットR』が10年の時を超えて今冬に発売決定。サクセスや対戦はもちろん、戦車を使った「サイバーバル」モードも収録される。

『真・女神転生』シリーズの完全新作『真・女神転生V』は、11月11日に発売されることが決定した。

配信のラストは、ファンが待ちわびている『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編。2022年に発売すると発表し、新たな映像を解禁。冒険の舞台が、ハイラルの空の上にまで広がる模様が描かれた。

#真・女神転生 #ソフト #タイトル #任天堂 #オンライン


『ニンダイ』主な発表を振り返る 『ゼルダBotW』『メイドインワリオ』『真・女神転生Ⅴ』