ハサウェイ役・小野賢章、ガンチャンYouTube100万人「金の盾」開封 重さに驚き「フレンチブルドッグぐらい」

11日に公開したアニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』でハサウェイ・ノア役を務める声優の #小野賢章 が12日、YouTubeの「ガンダムチャンネル」に出演。登録者数100万人を記念した金の盾を開封した。

『閃光のハサウェイ』の舞台となるU.C.105にかけた登録者数105万人突破計画「Road to U.C.105」を今年の元日にスタート。見事に公開日までに目標達成し、YouTubeから登録者100万人突破したチャンネルに贈られる金の盾の開封を行うことになった。

小野は「あの有名な金の盾が届いたということで」と開封に立ち会うことに。封がしたままの状態の金の盾が入った箱を見た小野は「本物じゃないですか。海外から送られてきてる!」と感激しながら「思ったよりデカい。重たいんですね。(重さは)フレンチブルドッグぐらい」と驚きの表情を見せた。

その後、金の盾の実物を手に取ると「おぉ! これはスゴい!」と目を丸くし「やっぱり重い。フレンチブルドッグぐらいはありますね」と改めて“重み”を表現。金の盾との記念撮影も行われ「僕が突破したみたいになっちゃってますね」と恐縮しきり。最後は「ガンダムチャンネル100万人を突破するということを宣言させていただいて、こうやって達成することができた。うれしく思います。全部、皆さんが応援してくださったおかげ。本当にありがとうございます」とファンにメッセージ。そして、「映画館でお会いしましょう」と呼びかけていた。

同作は、2019年に迎えたガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第2弾として制作される宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。反地球連邦政府運動「マフティー」の戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。

#小野賢章 #YouTube #フレンチブルドッグ #ガンダム #アニメーション


ハサウェイ役・小野賢章、ガンチャンYouTube100万人「金の盾」開封 重さに驚き「フレンチブルドッグぐらい」