信が飛ぶ!「馬陽防衛戦」を立体的に 『キングダム』展12日開幕で生原画400点展示

12日より東京・上野の森美術館で開催される大人気漫画『キングダム』の原画展『キングダム展 -信-』の内覧会が11日、行われた。400点以上の生原画や描き下ろしイラスト約20点がお披露目された。

同展は、第1話から第438話までのストーリーで、仲間や敵との出会い・別れを糧に成長を遂げる主人公・信を中心に展示構成。作者・原泰久氏全面監修のもと直筆生原画などを展示し、感動の名場面を生原稿と巨大グラフィックで再構成して届ける、これまでにない規模の原画展となっている。

見どころは第3章「馬陽防衛戦」のコーナーで、飛信隊の誕生と真の活躍、ほうけん襲来による仲間の死など、めまぐるしく変わる戦場でのシーンを立体的な造作・描き下ろし原画をまじえて展示。躍動する信が宙に浮く姿を見ることができる。

東京会場は7月25日まで行われ、チケットは全日時指定制のため会場での販売はなし。また、今後の巡回として8月3日〜9月26日に福岡市美術館でも開催される。

#キングダム #防衛戦 #東京 #美術館 #漫画


信が飛ぶ!「馬陽防衛戦」を立体的に 『キングダム』展12日開幕で生原画400点展示