『進撃の巨人』描き下ろし漫画、朝日新聞に掲載 エレンが日本・異世界に転生

人気漫画『進撃の巨人』コミックス最終34巻が9日に発売されたことを記念して、9日の朝日新聞(全国朝刊)に、作者・ #諫山創 氏の完全描き下ろしとなる15段広告(1面広告)が掲載された。内容は、『進撃の巨人』最終34巻の内容を告知する1ページ漫画となっており、主人公・エレンが日本や異世界に転生している。

新聞では「一瞬日本に転生した上で死んで異世界転生したオレは過小評価されるけどちょっと巨人化してみたら一斉に手のひら返しでみんなから“チヤホヤ”された件」と題し、日本に転生したエレンが、トラックにひかれてしまい、ゲーム的な雰囲気がある異世界に転生してしまうストーリーが展開。そこで巨人の力を見せるエレンの姿が描かれている。

2009年9月〜2021年4月にかけて約11年半『別冊少年マガジン』で連載された同作は、人を捕食する「巨人」が全てを支配する世界を舞台に、巨大な「城壁」を築きその中で怯えて暮らす人類が、「巨人」相手に絶望的な戦いを強いられるダークファンタジー。2019年12月にコミックス(紙・電子書籍)の累計発行部数が全世界で1億部を突破。数々の漫画賞を受賞し、2013年よりテレビアニメの放送がスタートし、2015年には #三浦春馬 さん主演で実写映画化(前篇・後篇)。ハリウッドでの実写映画化の製作も発表されている。

#巨人 #進撃の巨人 #漫画 #世界 #新聞


『進撃の巨人』描き下ろし漫画、朝日新聞に掲載 エレンが日本・異世界に転生