ジョジョ作者61歳の誕生日にファン祝福&驚き「変わらない若さ素敵」 過去に老い実感明かす

大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・ #荒木飛呂彦 氏が7日、61歳の誕生日を迎えた。ネット上では「荒木先生お誕生日おめでとうございます!」「荒木先生今年も誕生日おめでとう」と祝う声があがっている中、「還暦過ぎているとは思えないんだよな…」「いつまでも変わらない若さ素敵です!」と恒例の“不老不死”説で再び盛り上がっている。

荒木氏の誕生日に、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』で主人公・空条徐倫役を務める声優・ファイルーズあいはツイッターで「荒木飛呂彦先生ッ!! お誕生日おメメタァ」と祝福。『ジョジョ』好きのフリーアナウンサー・内田敦子も「荒木先生お誕生日おめでとうございます!いつまでも健やかにお過ごしください」と荒木氏のツーショット写真を投稿し誕生日を祝った。

原作漫画の第1部・第2部では「石仮面」と呼ばれるものを被ると不老の吸血鬼となり、「波紋」という特別な呼吸法を取得することで、“若さを保つ”ことができる設定がある。それにちなみ、ファンの間では荒木氏の顔が実年齢と比べて「若く見える」と以前から話題になっており、見た目が変わらないことから“不老不死説”が浮上していた。

61歳の誕生日を迎えた今、一部のファンは再び「やっぱり若すぎる」などと反応。その若さの秘訣について荒木氏は、2018年6月に都内で開催された『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』会見で明かしており、「『東京都の水道水で洗っている』と答えたりしますが、絶対、歳を取っていますよ!」と不老不死説を否定しつつ、「日々、つらい時もあります。足腰が固いですね。毎日筋肉痛で、漫画を描くと筋肉痛。若いころは全くなかったです。今回の原画展で展示する2メートルの大型原画を描く時、腕を伸ばして描くのですが、筋肉痛でした」と老いを実感していることを話していた。

#誕生日 #祝福 #ジョジョの奇妙な冒険 #漫画 #荒木飛呂彦


ジョジョ作者61歳の誕生日にファン祝福&驚き「変わらない若さ素敵」 過去に老い実感明かす