小松未可子&上坂すみれ&徳井青空の自由奔放なMC陣からの 質問攻めに安元洋貴もタジタジ!

ABEMAは、「アニメLIVEチャンネル」において、6月2日(水)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 水【小松未可子× #上坂すみれ ×徳井青空】#7』を放送した。本放送では、月曜日MCである安元洋貴がゲストとして登場、安元がさまざまな質問に答える「クイズ!答えた瞬間大正解〜安元洋貴編〜」のほか、水曜日の恒例コーナー「3人合わせて一句詠め!ガッチャンコ川柳」「まんまのことをソレっぽく!名言みダミヘ」などのコーナーを行った。

月曜日MCである安元がゲストとして登場した本放送。水曜日MCの3人が安元のお面を持ち、安元のマネをしながら番組がスタート。昨シーズンの特別放送で上坂から「打ち合わせをしっかりやること」や、「スタッフ思いであること」など、今まで隠していた“真面目”な一面を暴露された安元は、この日も「打ち合わせ安元さんが回してたね」「(今日)何とかしますって言ってくれたから」と、またもや“真面目”エピソードを明かされてしまうことに。オープニングから暴露モードの上坂に対し、「バラす芸いらないから!」「褒められてるはずなのに、なんかイジリが入ってるんだよな」と照れ臭そうに笑う安元。さらに、「安さん(安元さん)は陰の人って感じ」と暗い一面を持ち合わせていることを上坂に突かれた。安元は「陽の振りはできるんだよ」「陽に憧れているんだよ!」と“陰”であることは肯定しつつも、「言っちゃいけないこといっぱい言ってる」と無意識に暴露してしまう上坂に、慌ててストップをかけていた。

番組内では「クイズ!答えた瞬間大正解〜安元洋貴編〜」を実施。MC陣が安元に自由に聞きたいことを質問し、答えてもらうコーナー。「夜あそびをやってきた中で一番ヤバかった回は?」「今ハムスターを飼うとしたらなんて名前をつける?」「三国志の武将になるなら誰?」など小松、上坂、徳井からの自由な質問に次々と答えていく安元。そんな中「ものごころが最初についたのは?」の問いに、戦隊モノ憧れていた3歳のときのエピソードを披露。「ヒーローである俺は2階から飛び降りても大丈夫って思ってたんですけど、着地がうまくいかなくて、手の骨が折れました」と、かわいい憧れからくる痛々しいエピソードに3人も驚愕。「手が反対側にぶらーんってなって」と淡々と話す安元に、小松、上坂、徳井から「ぎゃぁぁぁ」と悲鳴が起こった。そんな経験から、3歳にして「俺はヒーローではない。ただの人なんだ」と悟ったという安元。はやくも“陰”の部分が垣間見えたことを明かした。また、そんな“陰”の安元を心配した徳井からは、「光をさしてくれた人は?」という質問が。安元は、高校の同級生・高野君をあげ、「アニメオタクで面白いアニメをいっぱい教えてくれて、こういう将来もあるんだなって気づいた」「高野くんがいなかったら多分声優やってない」と声優に興味を持つようになったきっかけを語った。

#上坂すみれ #アニメ #チャンネル #声優 #クイズ


小松未可子&上坂すみれ&徳井青空の自由奔放なMC陣からの 質問攻めに安元洋貴もタジタジ!