『怪獣8号』ジャンプ+史上最速で累計250万部突破 “推しポスター”が渋谷・新宿に掲出

漫画『怪獣8号』の累計発行部数が、4日発売のコミックス最新3巻をもって250万部(電子版含まず)を突破することが2日、発表された。3巻発売と、1・2巻の度重なる重版で、連載アプリ『少年ジャンプ+』史上最速で250万部を突破することになった。

『怪獣8号』は、災害(=怪獣)が容赦なく日常を侵す世界で、怪獣の発生率が世界屈指の日本が舞台。防衛隊が討伐した怪獣の死骸を清掃する仕事に就く32歳の主人公・日比野カフカは、“防衛隊員”になる夢を追う中で、謎の生物によって身体が怪獣化され、日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になるストーリー。

2020年7月に『少年ジャンプ+』で連載がスタートすると、同アプリ史上最速で3000万閲覧数を突破(※10月30日第15話公開まで)。最新話を更新するごとにトレンド入りし、公開1週間で150万を超える閲覧数を記録し続けるなど、『少年ジャンプ+』の看板作品に。12月4日の1巻発売後に即重版し、その後も6度の重版が決定。メディアでの紹介も相次ぎ、『マンガ大賞2021』にもノミネートされるなど、多方面から注目を浴び続けている。

また、特設サイトで読者より募集した『#怪獣8号 推しポスター』の中から選ばれた88枚が、3巻発売の宣伝ポスターとして東急田園都市線渋谷駅と東京メトロ新宿駅に掲出されることが決定。さらに、コミックス3巻の発売を記念して、ファンアートを募集する企画を実施する。

#怪獣 #怪獣8号 #ジャンプ #ポスター #発売


『怪獣8号』ジャンプ+史上最速で累計250万部突破 “推しポスター”が渋谷・新宿に掲出