『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』発売に“歓喜の声”続々「生きる希望が湧いた」「鳥肌立った!」

スクウェア・エニックスは27日、35周年を迎える人気作『ドラゴンクエスト』シリーズの情報や最新作を発表する記念特番を生配信。新作タイトルとして『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』を発表した。

「ドラゴンクエスト」シリーズは、プレーヤーが物語の主人公となって、世界を掌握しようとする魔王に立ち向かうRPG。チュンソフトが開発・エニックスが販売する初代『ドラゴンクエスト』が1986年に発売されて以降、日本を代表する人気ゲームタイトルの一つとなっている。

この日の生配信第2部「ドラゴンクエストシリーズ最新ラインナップ紹介」では、タレントのJOYが司会進行を務め、ドラゴンクエスト生みの親でゲームデザイナーの堀井雄二氏と一緒にシリーズの新作ラインナップをトーク番組形式で紹介した。

新作について堀井氏は「今回はダークな感じになってる。大人向けのドラゴンクエスト」と紹介し、サブタイトルの「選ばれし運命の炎」については「いろいろ選択肢が迫られるようになってます。生き方を自分で決めるようになります。(選択によって)ゲームが変わってくるかもしれない」と明かした。

発表直後、ネット上では「鳥肌立った!」「生きる希望が湧いた」「早くやりて〜!」と歓喜の声が続々と飛び交った。気になる発売時期について堀井氏は「まだ言えない。全世界同時発売を目指す」と回答。対応ハードについても後日発表される。

#ドラゴンクエスト #運命 #発売 #鳥肌 #新作


『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』発売に“歓喜の声”続々「生きる希望が湧いた」「鳥肌立った!」