『ドラクエIII』HD−2D版でリメイク制作 ドット絵をベースに3D的な効果を追加

スクウェア・エニックスは27日、35周年を迎える人気作『ドラゴンクエスト』シリーズの情報や最新作を発表する記念特番を生配信。HD−2Dによる大人気ナンバリング『トラゴンクエストIII』がリメイク制作されることが、発表された。

HD−2Dは、ドット絵をベースとした背景に3D的な効果を加えることで、独特の立体感や空気感を演出する手法。当時を知る大人のプレーヤーはもちろん、初めてプレイする子どもたちでも楽しめるような作品を目指す。発売日は未定。

第1部「ドラクエの日 最新イベントニュース」では、フリーアナウンサーの #宇賀なつみ がゲスト出演。運営中タイトルのゲーム内イベント情報や、35周年を記念して新しく登場するオフィシャルグッズなどさまざまな情報を発表。第2部「ドラゴンクエストシリーズ最新ラインナップ紹介」では、タレントのJOYが司会進行を務め、ドラゴンクエスト生みの親でゲームデザイナーの堀井雄二氏と一緒にシリーズの新作ラインナップについてトーク番組形式で発表された。

堀井氏は「続きとして、I、IIといけたら」と今後の展望も語り、MCのJOYを驚かせた。

#リメイク #ドラクエ #スクウェア・エニックス #ドラゴンクエスト #最新作


『ドラクエIII』HD−2D版でリメイク制作 ドット絵をベースに3D的な効果を追加