朝美絢、華やかに軽快に 宝塚歌劇雪組公演「ほんものの魔法使」開幕

宝塚歌劇団の雪組スター、朝美絢(あさみじゅん)が主演のミュージカル「ほんものの魔法使(つかい)」が21日、兵庫県宝塚市の宝塚バウホールで開幕した。米作家のポール・ギャリコが1966年に発表したファンタジー小説が原作で、木村信司が脚本・演出を手がけた。華やかなオーラで存在感を増してきた朝美が、無垢(むく)な心を持つ魔法使いを軽快に演じている。

舞台はマジシャンたちが住む魔術の都、マジェイア。旅を続けた末にやってきた青年アダムは、市長の娘ジェイン(野々花ひまり)を助手に「魔術」を披露する。ところが、その仕掛けが誰にも分からないことが波紋を広げてゆく。

今公演が3度目の主演となる朝美は、人とは異なる不思議な存在を情感豊かに表現。序盤の屈託のない笑顔もいいが、不穏な空気になる終盤の超然とした表情が印象的だ。しゃべる犬、モプシー役の縣千(あがたせん)は二枚目を封印し、耳をかく仕草や鳴き声がコミカル。アダムが手助けするマジシャン役に抜てきされた2020年入団の華世京(かせきょう)も演技、歌唱ともに目を引いた。

6月1日まで。5月30日午後3時公演はインターネットテレビでライブ配信する。KAAT神奈川芸術劇場での公演は6月8〜16日。【反橋希美】

#魔法 #雪組 #宝塚歌劇団 #主演 #ミュージカル


朝美絢、華やかに軽快に 宝塚歌劇雪組公演「ほんものの魔法使」開幕