『ベルセルク』作者死去、アニメ出演声優が続々追悼「作品に関われて本当に嬉しかった」

漫画『ベルセルク』などを執筆した漫画家の三浦建太郎さんが5月6日午後2時48分、急性大動脈解離のため亡くなった。54歳。20日、白泉社が公式サイトで訃報を伝えた。突然の訃報にアニメ『ベルセルク』に出演した声優陣が続々と追悼した。

テレビアニメ(1997年版)で主人公・ガッツ役を務めた神奈延年はツイッターで「悲しいです 先生のご冥福をお祈りします」と追悼。

そのほか、キャスカ役の #宮村優子 も「関西には大粒の雨が、一向に止みそうになく皆の涙を象徴してる気がしてなりません。三浦先生。三浦先生にしか創れない素晴らしい作品を、この世界に生み出していただいて本当にありがとうございます。作品に関われて本当に嬉しかったです」、シールケ役のゆかなは「この広い世界で、見つけてくださったこと。ご縁がありましたことに感謝しています」としのんだ。

三浦さんの代表作『ベルセルク』は、『月刊アニマルハウス』にて1989年に連載がスタートし、その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し現在も連載中で、コミックス累計4000万部を超える人気作。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描いており、1997〜98年にテレビアニメ化、2012年〜13年に3部作で劇場アニメ化、2016〜17年に再度テレビアニメ化された。

#ベルセルク #アニメ #追悼 #声優 #死去


『ベルセルク』作者死去、アニメ出演声優が続々追悼「作品に関われて本当に嬉しかった」