アニメ『ひぐらしのなく頃に業』検定開催決定 特典は参加者全員に特製名刺

テレビアニメ『ひぐらしのなく頃に業』検定が開催されることが決定し、申し込み受付がスタートした。受験料は3500円、受験期間は6月2日〜16日、結果発表は19日〜30日で、出題範囲は第1話〜24話となる。(※2020年10月1日〜21年3月18日放送分から出題)

特典は、参加者全員に協力員特製名刺10枚(名前入り)、大石が事件について調べたレポートを贈呈。80点以上の高得点者には、特別協力員特製名刺10枚(名前入り)特製手帳型メモ帳が贈呈される。なお、採点の結果、合格基準が変更になる場合がある。

『ひぐらしのなく頃に』は同人サークル『07th Expansion』が2002年から発表したコンピュータゲーム作品が原作。昭和50年代後半の架空の村落「雛見沢村」を舞台に、村の習わしである「綿流し」にまつわる連続怪死や失踪事件の真相に #少年少女 たちが迫るミステリー。

2006年にはTVアニメ第1期、07年には第2期にあたる『ひぐらしのなく頃に解』が放送され、大きな話題に。そのほかOVAやコミック、小説、実写映画(08年)、ドラマ(16年)、舞台(15年)などあらゆるメディアで展開されるなど愛され続ける作品で、2020年10月1日より再び“完全新作”としてアニメの放送がスタート。各話のあらすじは事前に一切公開されないため、「どのような物語が展開されるのか」と注目された。

#事件


アニメ『ひぐらしのなく頃に業』検定開催決定 特典は参加者全員に特製名刺