JRA×桃鉄がコラボ、競馬“すごろく”ゲーム公開 馬主になり目的地のレース参加…日本ダービー優勝目指す

日本中央競馬会は17日、『第88回 日本ダービー』(GI)が30日に開催されることを記念して、鉄道会社の社長となって全国の物件を購入し、総資産日本一を目指す国民的すごろくゲーム『桃太郎電鉄』とのコラボ企画を発表した。スペシャルWEBサイト『桃太郎電鉄ダービー』を公開し、KONAMI全面監修の桃鉄風競馬すごろくゲーム『桃太郎電鉄ダービー』を公開した。

『桃太郎電鉄ダービー』は、プレイヤーが馬主となり、目的地となる全国各地のJRAの競馬場でレースに参加する内容で、「サイコロを振って目的地を目指す」→「目的地でのレースに勝つ」→「日本ダービー優勝目指す」などと、競走馬を育成しながら最終目的地である東京競馬場での日本ダービー優勝を目指す桃鉄風すごろく。ゲーム内では、桃太郎電鉄でおなじみの「赤」「青」「黄」マスや、貧乏神も登場し、レースを盛り上げる。

■具体的な遊び方

1:ランダムに決まる目的地(全国のJRA 競馬場)を目指し、サイコロを振ってマップを進んでいく。ゲームでは、「お金」の代わりに「運」を集めることで、競馬場でのレースを有利に進めることができる。道中にある「青マス」に止まると運ゲージが上昇。「赤マス」に止まると運ゲージが減。運ゲージがMAXになるたびに、目的地で行われるレースで使用できるサイコロが増加し、「黄マス」に止まると、浦島太郎からクイズが出題され、正解するともう一度サイコロを振ることができる

2:上位3人のプレイヤーが目的地に到着すると、レースが始まる。その時の目的地までの到着順位に応じてレースで使用できるサイコロの数が増える。各目的地で行われるレースでは、サイコロを振って出た目の数によってレース展開が変わり、最終的に3回サイコロを振った合計の出目によって勝敗が決まる。レースに勝利すると、次回のレースから使用できるサイコロ数が増える。レースで最下位になったプレイヤーには、貧乏神がつき、貧乏神がついていると毎ターン運ゲージが減少する。

3:目的地は、全部で4つ。最終の目的地である「東京競馬場」では、これまでに集めた運とレースを勝利してゲットしたサイコロを使ってのレースに挑戦。日本ダービー優勝を目指していく。

#桃 #競馬 #すごろく #ゲーム #コラボ


JRA×桃鉄がコラボ、競馬“すごろく”ゲーム公開 馬主になり目的地のレース参加…日本ダービー優勝目指す