アニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」6話、たえの強運が明らかに!?視聴者大盛りあがり「また伝説を残しましたね」

5月13日より順次放送中のアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」第6話では、ミステリアスなゾンビ・山田たえ(CV: #三石琴乃 )が地元住民に愛される姿が描かれた。


「ゾンビランドサガ リベンジ」は、2018年に放送された人気アニメ「ゾンビランドサガ」の第2期。主人公・源さくら(CV:本渡楓)を始めとした少女たちがゾンビとして蘇り、アイドルグループ・フランシュシュとして佐賀県を救う“新感覚ゾンビアイドル系アニメ”だ。

第5話では、生前は天才子役だったゾンビ・星川リリィ(CV:田中美海)が全国放送されるオーディション番組の佐賀予選に出場した。リリィは、見事に同予選の決勝戦に勝ち進むも、決勝で披露する予定だった楽曲が、対戦相手である現役の天才子役・大空ライト(CV:高山みなみ)とかぶってしまう。リリィは、とっさに楽曲のタイトルを「リトルパラッポ」に変更して、バラードだったメロディをポップ調にアレンジ。「パラッポパラパラッポ」などのスキャットを入れながら、同楽曲をエネルギッシュに歌い上げた。ファンからは「圧巻だった」「滑舌すごすぎる」など称賛のコメントが続出した。

最新話にあたる第6話「ウォーキング・ベット SAGAでは、たえがお姉さんキャラのゾンビ・ゆうぎり(CV:衣川里佳)に頼まれて、おつかいに出かけた。そんな中、偶然出会った不良少女・天吹万梨阿(CV:古賀葵)に誘われて、たえがダンスバトル大会に飛び入り参加することになった。たえは、ゾンビならではのスゴ技を披露すると、大会で見事優勝を果たした。さらに、大会の優勝賞金を使ってボートレースに挑戦したたえは、適当に購入したチケットで、なんと3連単を的中させて賞金2000万円を獲得した。

たえの正体が情報誌の記者・大古場(CV:奈良徹)にバレてしまう一幕もあり、Twitter上では「また伝説を残しましたね」「たえちゃんナイスすぎた」「さすが伝説のたえ」「めっちゃ愛されててホッコリした」「まだ中盤だけど次回で急展開起きそう」といった反響が続々と寄せられていた。

第6話「ウォーキング・ベット SAGA」
【あらすじ】

生きていく上でお金は大切です。
死んでるあいつらにとっても大切です。
駅スタの失敗を取り返すには、もっと効率よく稼いでいかなければ。
ここらでプロデューサーの必要性をもう一度わからせてやる。
人生は決してギャンブルなどではない。
成功は自らの努力により掴み取るのだ。
……まずは、どうやったらこの壷が高く売れるかを考えよう。  
—————《巽幸太郎》の日記より

(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

#ゾンビ #アニメ #視聴者 #伝説 #三石琴乃


アニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」6話、たえの強運が明らかに!?視聴者大盛りあがり「また伝説を残しましたね」