『パワプロ』『プロスピ』能力値で選手からクレームも? 開発チームに聞く“データ査定”の裏側

近年はeスポーツのタイトルにも選ばれ盛り上がりを見せている『パワフルプロ野球』(以下/パワプロ)。リアルなグラフィックでアプリゲームとしても好評を博している『プロ野球スピリッツ』(以下/プロスピ)と併せて、野球ゲーム市場を席巻するこの2タイトルの人気を支えているのが、選手能力値のリアルさ。近年は、プロ野球ペナントレースのデータをリアルタイムでアップデートするなど、現実との“地続き感”をゲームで味わうことができる。これらデータは一体どのようにして“査定”し、ゲームに反映しているのだろうか?コナミデジタルエンタテインメントの開発チームに話を聞いた。

■少数精鋭で『パワプロ』1作目を制作時、まさかのミスが発生

━━そもそも『パワプロ』誕生はどのような経緯で誕生したのですか?

【豊原浩司(家庭用『パワフルプロ野球』シリーズ リードプランナー)】制作が始まったのは1993年の初め頃でした。当時の家庭用野球ゲームは、わりと平面的だったので、もう少し立体的にすることで、より戦略性をあげようという狙いで開発することになりました。

━━選手の詳細な“能力値”をゼロから作るにあたり、開発チームはどのような体制で情報を収集されたのですか?

【豊原】当時は本当に人数が少なくて、プログラマー3人にデザイナー2人だけというチームでした。プログラム担当のひとりがバッティングとピッチング、もうひとりが走塁と守備の能力というふうに分けて開発しました。当時はまだインターネットがない時代でしたから、地上波の野球中継やスポーツニュース、各地から取り寄せたスポーツ新聞、野球雑誌、選手名鑑、レコードブックなど主に紙媒体に頼っていましたね。あと、実際、球場に行って、一軍、二軍の試合も観戦していました。

━━当時は入手できるデータが少なかったんですね。

【豊原】正直なところ、めちゃめちゃ野球に詳しいマニアと同じレベルのデータですね(笑)。でもそれが逆に一般の野球ファンの目線と重なり、良かったのかもしれません。

━━第1作が発売された際、ユーザーや選手からクレームはありましたか?

【豊原】当時はSNSもなかったですし、そういった声はアンケートはがきくらいでしか耳に入ってこなかったんですけど、特に大きなものはなかったですね。ただ…。

━━ただ?

【豊原】能力査定ではないんですが、千葉ロッテマリーンズの初芝選手の打席を逆にしてしまいまして…。

━━ええっ!右打席を左打席に?

【豊原】はい。ただ、その時も選手からも、ユーザーからもクレームはありませんでした。私の耳に届いていないだけかもしれませんが…。今となっては、『パワプロ』ファンに語り継がれるほどの伝説のミスとなっています(笑)。

■新加入選手の能力値は蓄積されたデータから算出も…何年やっても難しい

━━今は「データ野球」が声高に叫ばれ、選手のさまざまな能力を分析する「セイバーメトリックス」を筆頭に、一般の人もかなり細かいデータを見ることができます。現在はどのような形で“能力値”を作っているのですか?

【松井徹哉(家庭用『パワフルプロ野球』シリーズ プロデューサー)】現在は「Japan Baseball Data」から選手の成績データを取得し、そこから我々のほうで値を変換し、活用しています。加えて、各球団に担当をつけています。ただそれだと、担当ごとに個人差が出たりする可能性もあるので、各球団担当から上がってくる情報を集約し、最後にバランスをとる統括がいます。例えば、同じ3割バッターであっても、どういうピッチャーと対戦しての3割なのか、球場の広さはどのくらいなのか。そういったものを総合して、最終的に同じ成績でも差別化しています。

━━驚くのは、まだ公式戦に登板したことのない新人選手や新外国人選手もいることです。“能力値”はどのように決めているのですか?

【山口剛(『プロ野球スピリッツ』シリーズ プロデューサー)】約30年の歴史の中で、アマチュア時代の成績から、プロになったらどのくらいの成績になるかというデータがだいぶ蓄積されていますので、それを活かして、これまでの成績や映像を見ながら予測データを作っています。アマチュア時代に実績を残していても、(開発時点では)まだプロの球を受けてたわけではないので、数値を極端に高くつけないよう配慮しています。新人はミートや守備力など技術が必要なところはあまり高くつけられないですが、肩の力、足の速さなど身体能力を生かせる部分ではそのまま数値化することが多いですね。

━━予測はたいてい的中している?

【山口】ここまで偉そうに言っておいてなんですが、野球も進化していますので、我々も付いていくのが精一杯で(笑)。予想通り活躍してくれる選手もいるけれど、突然急激に成長する選手がいたり、思うように活躍できない選手もいたり。こればかりは、何年やってもなかなか難しいですね。

━━成績から機械的に算出される部分にだけでなく、開発チームの人情査定もあるのですか?特にベテラン選手の能力の衰えなどは難しい部分かと思いますが…。

【松井】シビアに成績を反映していますので、人情査定はほぼありません。ゲームにはシミュレーションの要素も含まれているので、人情味を入れすぎると、現実とかけ離れたことになってしまい、納得していただけませんからね。ただ開幕予想データについては、人情査定というか、予測や期待値が反映されています。後半になればなるほどアップデートで事実に基づいたデータになっていきます。

■SB甲斐も絶賛! プロ野球選手が野球ゲームで試合のシミュレーションをする時代へ

━━今はデータの更新がオンラインで、しかもシーズン中にできてしまいます。現実とゲームの“ラグ”が少なくなって地続き感がありますよね。

【松井】ちゃんと成績を残した選手はアップデートするのがひとつの流れになっています。その日の試合をゲーム内で再現できる機能もありますが、本来なら打てないはずの球を実際は打つというパラレル感も、その時点での選手の能力を再現しているからこそ意味があると思います。

━━ゲームとリアルがクロスしているのが今の野球ゲームの醍醐味なんですね。実際選手からの反応はいかがですか?

【山口】「この能力をもっと上げてほしい」というご意見をいただくことが多いですね(笑)。実は7月に『プロスピ』の最新作(『eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム』)が出るんですけど、そのプロモ—ションとして公式ツイッターで特別動画を配信してるんです。そのなかに、実際に選手に『プロスピ』最新作の能力データをご覧いただいて、言いたいことをおっしゃってくださいというコーナーを設けたんですが、そこでも特に守備系の能力値についての先述の意見は多いです(笑)。我々はできて当たり前の基準で数値化している部分もあるので、そこにギャップを感じていらっしゃる方は多かったですね。

━━逆に選手から褒められた点はありますか?

【山口】福岡ソフトバンクホークスの甲斐選手には、走力を高く評価したことを「ちゃんと見てくれてる」とすごく喜んでいただけました(笑)。

━━実際にプロ野球選手が試合前日に『パワプロ』をやってイメージし、翌日試合に挑むなんて話も聞いたことがあります。これはまさにデータが精緻かつ、リアルタイムだからこそ。初期の野球ゲームからは考えられない進化です。開発チームとして今後、『パワプロ』『プロスピ』をどのように進化させていきたいと考えていますか?

【松井】『パワプロ』で野球に触れて野球選手になったという人も生まれているように、野球を知ってもらったり、野球ファンじゃない人が遊べるアイテムとして、未来を描き続け、拡散していきたいです。

【山口】『プロスピ』は、プロ野球の世界に浸りたい人に向けて、リアル野球をどれだけ再現できているかが永遠のテーマです。まだまだ再現しきれていないところがありますが、究極はプロ野球選手が納得のシミュレーションゲームを目指したいですね。

取材・文/河上いつ子

■コピーライト
『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』
TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. (C)2020 IOC. All Rights Reserved. 一般社団法人日本野球機構承認 (C)2019 SAMURAI JAPAN 日本プロ野球名球会公認 日本プロ野球OBクラブ公認 プロ野球フランチャイズ球場公認 ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2019年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。Japan Baseball Data(株) データは、Japan Baseball Data(株)が独自に収集したものであり、公式記録とは異なる場合があります。提供情報を手段を問わず、いかなる目的であれ無断で複製、転送、販売等を行う事を固く禁じます。All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. (C)Konami Digital Entertainment “eBASEBALL”は、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの登録商標です。

『eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム』
一般社団法人日本野球機構承認 プロ野球フランチャイズ球場公認 ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2020年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。Japan Baseball Data(株) データは、Japan Baseball Data(株)が独自に収集したものであり、公式記録とは異なる場合があります。提供情報を手段を問わず、いかなる目的であれ無断で複製、転送、販売等を行う事を固く禁じます。All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. (C)Konami Digital Entertainment “eBASEBALL”は、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの登録商標です。

#パワプロ #クレーム #開発 #ゲーム #プロ野球


『パワプロ』『プロスピ』能力値で選手からクレームも? 開発チームに聞く“データ査定”の裏側