あだち充原作のSF時代劇「虹色とうがらし」が30年の時を経て舞台化

1990年〜1992年に週刊少年サンデーにて連載された #あだち充 原作のSF時代劇「虹色とうがらし」の舞台化が決定。あわせてメインビジュアルやキャストビジュアルが解禁となりました。
代表作「タッチ」をはじめ「H2」「ラフ」など数々の名作を生み出した漫画家・あだち充。スポーツ恋愛コメディ作品が多い中、“あだち充の異色作”とも言われるのが今回舞台化される「虹色とうがらし」。

“時代考証口出し無用”のSF時代劇という独特な世界観で描かれており、地球によく似た未来の星の「江戸」という町に住む7人の異母兄弟を中心とした物語。母親の墓参りを巡る旅に出た兄弟たちが謎の浮浪人や異人と出会い、将軍家のお家騒動にも巻き込まれていく……という複雑な人間模様をコミカルかつ繊細に描いています。

アニメ化もされておらず知名度としては低めですが、連載から30年経った今でもファンの間で根強い人気を誇っている名作です。
舞台版では殺陣を駆使した時代劇らしい迫力満点のアクション、あだち充ならではのラブコメ要素が満載。暗躍する敵や普通とはちょっと違う兄弟の関係性などもミステリアスに描かれており、見どころたっぷりの内容になっているとのことです。
主人公である四男の七味役には長江崚行を起用。子役時代からNHK「天才テレビくん」に出演し、数々の舞台でメインキャストを務める実力派若手俳優です。
ヒロインの菜種役は9人組の女性声優ユニット「Aqours」のリーダーとしても知られる伊波杏樹。舞台「銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠」でのメーテル役など、舞台女優としても人気の高い人物です。
そのほか、人気ダンス&ボーカルグループ「ONE N’ ONLY」ボーカルの沢村玲をはじめ荒井敦史、松田賢二、釣本南、トミタ栞、松原凛、桂鷹治、木村風太などが出演。豪華キャストが脇を固めます。

脚本は新星作家・鳥澄若多、演出は劇団「アナログスイッチ」主宰の佐藤慎哉が担当。注目の若手クリエーターがあだち充の世界観を表現します。
七味役の長江崚行は「小さい頃から読み漁っていたあだち先生の作品。その一つである『虹色とうがらし』にこのような形で関われるなんて!ありがたい限りです。(中略)作品に向け、少しずつ体作りも進んでます。楽しんでもらえる作品にしたいです」と意気込みを語っています。
菜種役の伊波杏樹は「キャストの皆様とこの世界で思いっきり駆けまわれる日が来ることを今か、今かと心待ちにしています…!多くの方たちに愛され続ける本作品、舞台ならではの迫力やパワー感、そして作品への想いを込めて、全力でしっかりと作り上げて参ります!」とのコメントをよせています。
SF時代活劇「虹色とうがらし」はあうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)にて8月28日〜9月5日の全16公演を予定。チケット料金は全席指定でパンフレット付きチケットが9700円(税込み)、一般が7700円(税込み)です。
あだち充が連載中に描いた「復刻イラスト特製ミニ色紙」付きの原作先行チケットは5月12日0時〜5月26日23時59分まで、「限定キャストブロマイド」付きのキャスト先行チケットは5月29日11時〜6月9日23時59分まで受付。オフィシャル先行は6月12日11時〜6月23日23時59分まで、一般発売は7月10日10時を予定しています。

詳細は公式ホームページ&公式Twitterで確認できます。
(C)あだち充・小学館/SET (C)あだち充/小学館
情報提供:株式会社スーパーエキセントリックシアター

#あだち充 #虹 #舞台 #時代劇 #週刊少年サンデー


あだち充原作のSF時代劇「虹色とうがらし」が30年の時を経て舞台化