『リーグ・オブ・レジェンド』アニメ化、今秋Netflixで世界に向けて配信

2009年にライアットゲームズからリリースされ、世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームの一つとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっている『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』が初めてアニメ化される。『Arcane(アーケイン)』のタイトルで今秋、動画配信サービス世界最大手のNetflixで独占配信される。

ライアットゲームズが企画・制作を務めるアニメシリーズ『Arcane』は、『リーグ・オブ・レジェンド』の世界観そのままに、先進的なユートピア都市「ピルトーヴァー」と抑圧された地下都市「ゾウン」を舞台に、リーグ・オブ・レジェンドで人気のチャンピオン(キャラクター)2人の生い立ち、そして彼らを引き裂く力についての物語が展開される。

Netflixオリジナルアニメーション部門ディレクターのDominique Bazay氏は「『リーグ・オブ・レジェンド』は、全世界で数多くのファンを熱狂させているゲームであり、その世界観に基づいた初のテレビシリーズ『Arcane』の物語がNetflixから始まると思うと、とてもワクワクします。この作品がもたらす壮大でスリリングな映像体験は、視聴者に大きな衝撃を与えるでしょう」。

ライアットゲームズのエンターテインメント・グローバル・プレジデント、 Shauna Spenley氏は「以前から『リーグ・オブ・レジェンド』の世界やチャンピオンたちについて深く掘り下げた映像作品を求めるファンの声は多く、それに応える形で制作されたのがこの『Arcane』です。世界的に高い知名度を誇り、ライアットゲームズと同様に高品質なコンテンツの提供を目指しているNetflixは、全世界のプレイヤーに『Arcane』をお届けするうえで最適なパートナーだと考えています」と、それぞれコメントを寄せている。

#世界 #Netflix #ゲーム #eスポーツ


『リーグ・オブ・レジェンド』アニメ化、今秋Netflixで世界に向けて配信