及川光博、『逆シャア』シャア衣装に感激「父ジオンの元に召されるであろう」

俳優の #及川光博 、声優の #古谷徹 が27日、都内で行われたアニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(5月21日公開)メディア向けトークイベントに参加。『閃光のハサウェイ』の世界観の元となった作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年公開)のキャラクター衣装で登場した。

熱狂的なガンダムファンとして知られる及川が『逆シャア』でシャア・アズナブルが着ていた衣装で、アムロ・レイ役の古谷はアムロの衣装で登壇。この日のために製作された衣装だそうで、古谷の姿を見た及川は「こっちを見ないでください…。アムロがアムロの服を着ている…。直視できない」と照れた。

「ガルマ・ザビなら得意」というが、この日はシャアの衣装だった及川は「仕事の関係で金髪まで寄せていけなかった」と悔いていた。そして『逆襲のシャア』でシャアが行っていた演説を再現することに。両手を広げるポーズをしながら「そして父ジオンの元に召されるであろう」と名せりふを口に。「42年好きですから。達成感がスゴい」と感激していた。

衣装が贈られることを知ると古谷は「アムロのコスプレって1stガンダムのしか持っていない。『逆襲のシャア』は1番好きな作品。うれしいです。名古屋で開かれている世界コスプレサミットで審査員長をやらせていただいていて。その時に着させていただきます! やった!」とガッツポーズしていた。

同作は、2019年に迎えたガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第2弾として制作される宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。反地球連邦政府運動「マフティー」の戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。

5月7日に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を受け、公開日が5月21日に変更された。及川は「延びちゃったけど期待と愛が膨らみっぱなしですよ」とし、古谷も「あっという間ですよ。楽しみが延びたと思えば」とコメントした。

#シャア #及川光博 #機動戦士ガンダム #俳優 #声優


及川光博、『逆シャア』シャア衣装に感激「父ジオンの元に召されるであろう」