ジブリめしのレシピ本「ジブリの食卓 アーヤと魔女」発売

スタジオジブリの最新作「アーヤと魔女」に登場する食べ物や、その世界からヒントを得て考案された料理のレシピ本「子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女(税込1540円)」が4月28日に発売されます。本書に掲載されているリアル“ジブリめし”ビジュアルが公開されました。
「アーヤと魔女」は企画を #宮崎駿 さん、監督を宮崎吾朗さんがつとめるジブリ初のフル3DCG作品。先日、新型コロナウイルス感染症の影響により公開延期が発表されたばかりです。
本書では「アーヤと魔女」の世界から生まれた“ジブリめし”を簡単でわかりやすいレシピとともに紹介。イギリスの名物料理や「アーヤと魔女」からイメージして作られたお菓子などを、子どもと一緒に楽しみながら作ることができます。

紹介されているレシピは「聖モーウォード子どもの家のシェパーズパイ」や、「ボーイスカウトが作ったまともなあげやきパン」、「ぐねぐねミミズのプレッツェル」など。
「聖モーウォード子どもの家のシェパーズパイ」はアーヤの大好物で、お肉の他にゴロゴロとした野菜がたっぷりと入っているのが特徴。本書に掲載されたレシピにも牛ひき肉の他に、玉ねぎや赤と黄色のパプリカがたっぷり。その上にマッシュポテトを乗せてオーブンで焼いたらシェパーズパイの完成です。

イギリスの朝食の定番であるあげやきパンは、ベーコンやウインナーを焼いた油で薄切りのパンをあげやきにしたもの。作中ではアーヤが失敗したあげやきパンの代わりとして、厚切りパンを使用したフレンチトースト風の「ボーイスカウトが作ったまともなあげやきパン」が登場。紹介されているレシピで作れば、卵・牛乳・砂糖がたっぷりしみ込んだふわとろな仕上がりに。

「ぐねぐねミミズのプレッツェル」はアーヤが受けた“閉じ込めミミズの罰”のシーンをイメージして作られたお菓子。ホットケーキミックスと色づけしたホワイトチョコレートで、ぐねぐねと動くミミズが見事に表現されています。

そのほかにも「いたずらシーツのマシュマロおばけ」「ベラ・ヤーガのじゅもんグミ」「アーヤとトーマスの魔法ジェルドリンク」「黒ネコトーマスのさくさくクッキー」など、名前を聞くだけでも笑顔になってしまう楽しい料理のレシピを多数掲載。
ちなみに表紙絵を特別に書き下ろした宮崎吾朗監督は本書について「そういえば、ベラ・ヤーガの家でアーヤが教わる魔法の呪文づくりは、料理を作るのとよく似ていますね。(中略)料理の腕を上げるのは、魔法使いになる近道かもしれませんよ」とコメントしています。
「子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女」は株式会社主婦の友社より4月28日に発売予定。Amazonや楽天BOOKSなどで購入が可能です。
情報提供:株式会社主婦の友社

#ジブリ #アーヤと魔女 #レシピ #発売 #スタジオジブリ


ジブリめしのレシピ本「ジブリの食卓 アーヤと魔女」発売