映画『テニプリ』は“新次元アドベンチャー” 意味深キャッチコピーで特報映像など公開

アニメ映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』(9月3日公開)の特報映像が22日、解禁された。あわせて「超えていけ。たとえ、世界を敵に回しても—」をメインコピーにした劇場ポスターが公開され、「父の引退を阻止するため、少年たちは時を越える。」「全人類が体験!初めての「テニプリ」降臨—シング×ダンス×プレイの新次元アドベンチャー!」といった『テニプリ』らしい意味深なキャッチコピーが並んでいる。

特報映像は、若かりしころの南次郎や幼いリョーマらの写った家族写真や、南次郎家族のオープンカーに同乗するリョーマと桜乃、その車内で桜乃に興味津々な様子の幼いリョーマの姿、南次郎の現役時代の試合が見ることができるかと期待するリョーマと南次郎の対面シーンなど、ストーリーが垣間見えるシーンが数多く収録されている。

また、映像の最後には、原作でもお馴じみの21人の選手キャラクターが一堂に会しており、原作でも人気のキャラクターが、どのような形で本作に登場するのか期待が高まる仕上がりになっている。

『テニスの王子様』と『新テニスの王子様』を繋ぐ空白の3ヶ月間に起きた、未だかつて明かされてこなかったエピソードが描かれる同映画は、『テニスの王子様』のラスト、全国大会決勝戦での立海大附属中学校との激闘を制した青春学園中等部、その3日後、リョーマが更なる強さを求め、単身アメリカへテニスの武者修行の旅に出るところからスタート。

現地へ到着したリョーマは、家族旅行でアメリカを訪れていた同級生・桜乃が、ギャングに絡まれているところに遭遇。桜乃を助けるためにリョーマが放ったボールと、謎の車いすの人物が放ったボールが激突した瞬間、時空がゆがみ始める。なんと2人は、リョーマの父がその驚異的なテニスの実力で「サムライ南次郎」と呼ばれ、世界で名を馳せていた時代のアメリカにタイムスリップする物語。

なお、本編の一部シーンが異なる2タイプでの上映となり、『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様 〜Decide〜』では青春学園中等部のテニス部部長・手塚国光と立海大附属中学校部長の幸村精市らが、『〜Glory〜』では、氷帝学園中等部部長の跡部景吾と四天宝寺中学校部長の白石蔵ノ介らが登場。それぞれ異なるオリジナルシーンが展開される。

#特報映像 #キャッチコピー #アニメ映画 #テニスの王子様 #解禁


映画『テニプリ』は“新次元アドベンチャー” 意味深キャッチコピーで特報映像など公開