トミカ、初のNFCチップ搭載でアプリとデータ連動”レースバトル”可能に 新商品はランボルギーニがデザイン

タカラトミーが20日、オンラインで『トミカ オンラインメディア発表会』を開催し、「トミカ」をさらに進化させる『トミカ アドバンスプロジェクト』を発表した。

このイベントは2020年に50周年を迎えた『トミカ』の、これから先の50年に向けた新しい施策や新商品を発表するために行われたもので、SUBARUや日産自動車と自動車メーカーの商品企画担当者がゲストとして出席した。

プロジェクト第1弾の商品として、デジタルラップカウンターが白熱のレースバトルを盛り上げる「トミカスピードウェイ実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(希望小売価格:1万2100円/税込)と、「トミカ」初NFCチップを搭載し、専用アプリと走行データが連動する「スーパースピードトミカ」4種(希望小売価格:各1320円/税込)を、6月19日から発売する。

「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」および「スーパースピードトミカ」は、専用アプリと連動し、レースとリンクした音声や映像の演出が楽しめるほか、「スーパースピードトミカ」の走行記録がデータとして記録される。さらにアプリ内には、「スーパースピードトミカ」と同じデザインにラッピングされたマシンのCG映像が登場し、デジタルとアナログの融合により「トミカ」での遊びの可能性をさらに広げ、常に新鮮な「ドキドキ・わくわく・感動」をお届けできるブランドを目指していく。

なお、「デジタルアクセルサーキット」は、アクセルボタンを連打することで「トミカ」が加速し、サーキットを高速で駆け抜ける。超スピードで駆け抜ける「トミカ」の周回やラップタイム、レースバトルの勝敗をデジタルラップカウンターが判定し。ラップカウンターには「レースバトル」「ラップタイムチャレンジ」など複数のモードを搭載し、2人でのバトルはもちろん、ひとりで遊び込むことも可能で、さらに専用アプリと連動し、ラップカウンターにスマートフォンをセットすることで、レースの内容と連動したCG映像が楽しめる。

また、50周年記念の新商品として、ランボルギーニが「トミカ」のためだけにデザインした特別な商品を発表。普段は実車のデザインを担当しているデザイナーに、「トミカ」の中でも人気で子どもたちの憧れであるスポーツカーをベースに、「トミカ」のためだけの特別な50周年デザインを考えてもらい、本田技術研究所、トヨタ自動車、日産自動車に続き、6月に「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ トミカ50周年記念仕様 designed by Automobili Lamborghini」(希望小売価格:880円/税込)を発売する。

#トミカ #チップ #アプリ #ランボルギーニ #デザイン


トミカ、初のNFCチップ搭載でアプリとデータ連動”レースバトル”可能に 新商品はランボルギーニがデザイン