『シン・エヴァンゲリオン劇場版』舞台あいさつ11日開催 登壇者は庵野秀明氏、緒方恵美ら

アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開)の舞台あいさつが、4月11日に東京・新宿バルト9で開催されることが7日、発表された。登壇者は #庵野秀明 氏(総監督)、鶴巻和哉氏(監督)、前田真宏氏(監督)、 #緒方恵美 (碇シンジ役)。

作品公式ツイッターでは「緊急決定!大ヒット御礼舞台挨拶&全国同時生中継」と開催を告知。「4月11日(日)8:50の回上映後@新宿バルト9 登壇者:庵野秀明(総監督)、鶴巻和哉(監督)、前田真宏(監督)、緒方恵美(碇シンジ役)」とし、チケットは8日午前0時から販売をスタートさせると発表した。また、全国328館の劇場でも生中継が実施される。

『新劇場版』シリーズは、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもので、今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く作品であり、完結編となる。現在、興行収入は70億円を突破している、

#舞台 #庵野秀明 #シン・エヴァンゲリオン劇場版 #緒方恵美 #監督


『シン・エヴァンゲリオン劇場版』舞台あいさつ11日開催 登壇者は庵野秀明氏、緒方恵美ら