ジオラマ模型を背景に使った坂口博信氏による新作RPG『ファンタジアン』から、BGM全60曲を手がけた植松伸夫氏へのショートインタビュー映像がYouTube上で公開

アメリカ・ハワイ州に拠点を置くミストウォーカーは3月24日(火)、同社の公式YouTubeチャンネルにて、新作ロールプレイングゲーム『FANTASIAN(ファンタジアン)』の音楽を手がけた植松伸夫氏へのショートインタビュー動画を公開した。本作は、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」の加入者向けに近日配信予定。iPhoneのほか、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVへ対応する。

(画像はYouTube「『FANTASIAN』作曲家・植松伸夫氏ショートインタビュー」より)

「Apple Arcade」のサービス発表時にあわせて製作が発表された『ファンタジアン』は、150個近くのジオラマ模型を背景として使用している作品である。作中ではランダムにエンカウントした敵を“異次元へ吹き飛ばす”ことで、探索時に敵と遭遇するわずらわしさを回避しつつ、好きなタイミングでまとめて戦える「ディメンション・システム」が搭載されている。

本作のBGM全60曲を担当した植松氏は「今悔いを残さないような仕事をしとかないと。全身全霊を込めてやってみようかなという意気込みでやってましたね」と本作への意気込みを語った。また、映像では楽曲収録の様子を植松氏のコメントとともに紹介している。

(画像はYouTube「『FANTASIAN』作曲家・植松伸夫氏ショートインタビュー」より)

ミストウォーカーの公式YouTubeチャンネルでは、収録楽曲「キーナのテーマ」の舞台裏や、アーティストの後藤貴俊氏が手がけたイラストを紹介する映像があわせて公開されている。本作に興味があればチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

App Storeの『ファンタジアン』プレビューページはこちらミストウォーカーの公式YouTubeチャンネルはこちら

#新作 #ショート #インタビュー #YouTube #ジオラマ


ジオラマ模型を背景に使った坂口博信氏による新作RPG『ファンタジアン』から、BGM全60曲を手がけた植松伸夫氏へのショートインタビュー映像がYouTube上で公開