なんという肉肉しさ 「わがままな美女」のわがままボディが推せる

様々なファンアート作品が、SNS上で都度話題になるガンダムのプラモデルこと「ガンプラ」。アレンジジャンルは多岐にわたりますが、先日Twitterで話題になった作品は“わがままボディ”が特徴です。
「豚トロビウム、推せる」のつぶやきとともに、Twitterユーザーのナルパジンさんが紹介したのは、東京都・秋葉原にある家電量販店「ヨドバシAkiba」のプラモデルコーナーで撮影したガンプラ。

どうやらこれは、1991年から翌92年にかけてOVA(オリジナルビデオアニメ)として製作された「0083」こと「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」にて、主人公のコウ・ウラキが劇中後半に搭乗した「GP03」ことガンダム試作3号機(デンドロビウム)。

「わがままな美女」の花言葉の通り、メガ・ビーム砲を始めとしたMA(モビルアーマー)部分のオーキスの武器弾薬庫さながらの“わがままボディ”が目を引きますね。

しかしながらこのオーキスのボディ、筆者が存じている「純白」ではなく、暗めの赤に、クリームがかった白に塗装されています。さらに機体中央部にあるMS(モビルスーツ)部分の「ステイメン」には……ん?豚さん!?それによくよく見ると、名札らしきものに「豚トロビウム」という表記。
さらにナルパジンさんの写真には、「初代」こと「機動戦士ガンダム」にて登場したジオン軍の水陸両用MS「ゴッグ」が、「コック」になって「トントロ」に隣接して展示。ここに調理器具(ソーラ・システム)があれば、調理が開始できそうですね。
この投稿には、海外からも多くの反応も合わさって、何と5万を超えるいいねが寄せられる大反響となりました。
■ 豚トロビウムの作者はタレントの水野明佳さん
このトントロは、「水野明佳さん」という方が製作した作品です。今回のナルパジンさんの投稿にもいち早く反応されていました。
私事ですが、筆者は少々ガンプラを嗜んでいる人間。この文字通りの“トンデモ”ガンプラを作った経緯を知るため、水野さんに取材の申し込みをし詳しく話をうかがうことに。
水野さんは、クリエイターチーム「クリエイティブORIHUS(オリフス)」に所属し、広告塔として様々な媒体に出演し、その活動内容をTwitterなどで発信しているタレントさん。また、ホビージャパン刊行の模型雑誌「ガンダムフォワード」にて、顔出しの連載コーナーもされています。

そして今回大きな反響となった「豚トロビウム」は、そんなガンダムフォワード上での企画「SideSweets(サイドスウィーツ)」にて、「モデルスウィーツ」と銘打たれた作品群のひとつ。
実は水野さんは生粋のモデラーではなく、ガンダム好きのマネージャーが、ある日ガンプラを作り始めたのを見て、それに興味を持ったのがそもそものきっかけ。まずは、マネージャーに教えてもらいながら、素組みでのモデリングを続け、研鑽を積みました。
■ 「モビルスーツ」を捩った「モビルスウィーツ」シリーズ
そんなある時、先述のマネージャーに、「折角ならプラモデルでオリジナル企画をやろう!」と話を持ちかけられ、「それなら自分の好物の『スウィーツ』を題材にしたい!」という思いもあり、「モビルスーツ」を捩った先述の「モビルスウィーツ」が爆誕。
「『子供や女の人にも分かりやすいようなパッと目に付く』ということをコンセプトにしています」という作品は、いずれも目を引くものばかり。それらを、今回Twitter上で話題となった「ヨドバシAkiba」を含めた首都圏7店舗(新宿西口本店・さいたま新都心駅前店・横浜店・吉祥寺店・上野店・町田店)と関西2店舗(梅田店・京都店)のヨドバシカメラに、東京都台東区にある玩具ショップ「ヤマシロヤ」にて展示されています。
実際に展示されている様子を、水野さんは自身のTwitterにて紹介しています。そこには「ストロベリーケーキ」「ブッシュ・ド・ノエル」「チョコボール」「みかん」といった様々なスイーツや果物を、ガンプラによって“擬態化”された「モビルスウィーツ」たちがズラリ。

また、ブッシュ・ド・ノエルに関しては、先述の「0083」において、主人公コウのライバル「アナベル・ガトー」が劇中後半に搭乗したMA(ノイエ・ジール)によって製作。トントロとの“共演”を希望するファンも多そうです。ちなみに水野さんによると、モビルスウィーツの企画名は先述の「スターダストメモリー」を捩った「Sweet Memory」。よりどりみどりの作品たちに、思わず心を震わせる方も多そうです。

いずれの作品もガーリーさが感じられる「モビルスウィーツ」ですが、今回反響となった「豚トロビウム」は、どちらかというと「豚肉」を連想する作品。水野さんも厳密にはスウィーツではないと認めつつ、抑えきれなかった創作意欲を存分に吐き出した傑作です。
ちょうど当時は、様々な改造や塗装表現を試していた時期だったそうで、それもあってか、オーキスはキレイなサシも入った肉質感あふれるボディに筆塗り。さらにおしべであるステイメンには、Twitterで話題となったうつむき姿のメス豚に、顔を見上げた咆哮をあげるかのようなオス豚、さらに牛さんも用意。

それぞれに「副題」もあるそうで、メス豚はデンドロビウムの花言葉「わがままな美女」を捩った『わがままボディの美女』、オス豚は某ジブリ作品を連想させそうな『飛べねえ豚はただの豚だ』、そして牛さんは『もーええわ〜!』と、いずれもニヤリとさせる言い回しに。
余談ですが、水野さん的には牛さんの場合は「豚トロビウム」ではなく、「デンドロビーフ」になるんだそうです。って名前変わるんかい!
そんな水野さんが生み出した「モビルスウィーツ」は、先述のように多数の店舗での展示が実現したのですが、一方で、自身のモデリングスキルを上げる必要性に追われ、豚トロビウムも寝る間を惜しんで製作したそうです。
とはいえ、「実際作ると夢中になって時間を忘れてしまうことが魅力なんです」と、自身にとってのガンプラの魅力を語ってくれる水野さん。自由な発想が歓迎されるガンプラアートの世界も相まって生み出されたそれは、実際に店内で見かけると立ち止まり、思わず魅入ってしまう方も多いのではないでしょうか。
余談ですが、筆者は関西在住の人間。頃合いを見て、梅田と京都に足を運び、水野さんの「モビルスウィーツ」を堪能したいと思います。

<取材協力>
水野明佳さん(@sayaminichip)
クリエイティブORIHUS(https://orihus.wixsite.com/thereikan)
ナルパジンさん(@narupajin)
(向山純平)

#美女 #プラモデル #ガンプラ #Twitter #SNS


なんという肉肉しさ 「わがままな美女」のわがままボディが推せる